ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

【上川地方】

比布町 世界一大雪山がきれいに見える町の展望広場

ダンボーの北海道さ迷い歩き。10月の上旬に立ち寄ってみたのは、世界一大雪山がきれいに見える町・比布町のとある展望台。

美瑛町 三愛の丘の展望公園

ダンボーと歩く北海道、7月の中ごろに立ち寄ってみたのは美瑛町にあるいくつかの有名な丘のひとつ、三愛の丘の展望公園。

東川町 ちょっぴり謎めいた「ガマ岩」

ダンボーの北海道さまよい旅行、2018年の9月に行ってみたのは大雪山旭岳方面。旭岳ロープウェイに乗ってみようと車を走らせている途中で目に付いたでっかい岩。

美瑛町 豊栄の丘から

ダンボーとドライブする北海道、8月の中ごろに立ち寄ってみたのは美瑛町、グーグルマップ上では「豊栄の丘」と記載されている丘の眺め。

美瑛町 北西の丘に広がるそば畑

ダンボーの北海道の旅、7月の上旬に立ち寄ってみた美瑛町の北西の丘。そしてそこに広がっていた白く花咲くそば畑。

美瑛町 真夏の「家族の木」

ダンボーの北海道巡り、8月の中旬に立ち寄ってみたのは美瑛町の家族の木。

上富良野町 かんのファームに広がるカラフル花畑

ダンボーの北海道旅行、7月中旬の上富良野町のかんのファーム。10月上旬ごろまでは色とりどりの花畑や農作物を楽しめるファームだけれど、7月の中旬~下旬ごろはラベンダーが満開になる見ごろの頃。

上富良野町 丘の上の5本の木(かんのファーム)

ダンボー・ニャンボー道内旅行、7月の中ごろに訪ねてみたのは上富良野町のかんのファーム。ここは、いわゆる「5本の木」と呼ばれる丘の上に立つ5本のカラマツの木を遠くから眺めることができる場所。

美瑛町 夏を迎えた親子の木

ダンボー、ニャンボーの北海道巡り、7月の中旬に立ち寄ったのは美瑛町の親子の木。3月に寄ったときは雪に包まれていて葉もない裸だったけれど、7月は元気に葉っぱが茂っていて。

美瑛町 マイルドセブンの丘の消失

ダンボーと歩く北海道、7月の中旬に立ち寄ってみたのは美瑛町のマイルドセブンの丘。というか、マイルドセブンの丘の跡地というべきか...

上富良野町 深山峠アートパークの観覧車

ダンボーと旅する北海道。7月の中ごろに寄ってみたのは上富良野8景にも数えられる、上富良野町の深山峠。

美瑛町 赤い屋根のある丘(夏)

ダンボーと旅する北海道。7月の中旬に美瑛町の新栄の丘方面にある、赤い屋根のある丘へと。

美瑛町 新栄の丘展望公園から

ダンボーの北海道巡り歩き、7月の中旬に流離い回った美瑛の丘。パッチワークの丘としても知られる美瑛の丘陵地帯を見回せる展望台のひとつが新栄の丘展望公園。

美瑛町 三愛の丘茶屋カーブの贅沢空間

美瑛町三愛の丘。展望台からちょっと離れた弓なりにカーブする路に、ひっそりと隠れ家のように佇んでいるのが、三愛の丘茶屋カーブ。

中富良野町 NANAKAの花畑で花泥棒気分

ダンボーと出歩く北海道。去年の夏、ラベンダーが咲き乱れる中富良野町へと立ち寄って。富田ファームや町営ラベンダー園をまわると、そのきれいさと香りに誘われて、何ともテンションが上がりっぱなし。

占冠村 不思議な泣く木のある風景

ダンボーとドライブする北海道。6月の終わりごろに行ってみたのは占冠村。占冠の中心部からトマム方面へと延びる夕張新得線、そこの途中に「不思議な泣く木」があるという。

美瑛町 ちょびっと遅くまでやってる鶴喜のとんかつ御膳

夜遅めになると、地方の町の夜は早くお店の閉店もけっこう早め。美瑛町で夕ご飯を食べようとしたときに、20:00まで開いているお店があったのでそちらへ。たぶんチェーン店なんだろうけれど、ごまそば鶴喜。

美瑛町 雪原にの丘に佇むクリスマスツリーの木

美瑛町のなだらかな丘陵畑の中に佇む1本のトウヒの木。クリスマスツリーに似ているからとも、木の先端が星の形のように見えるからとも言われながら、付けられた名が「クリスマスツリーの木」。

上富良野町 錯覚と戯れるトリックアート美術館

上富良野町のトリックアート美術館。上富良野八景にも数えられている深山峠の深山峠アートパークに立地するそこは、錯視と錯覚にあふれた異空間。2次元と3次元の境界を飛び越えてしまいそうな、そんな場所。

美瑛町 赤い屋根のある丘の雪景色

3月中旬の美瑛町は、まだまだ冬の中。もうちょっと早い時間に来たかったけれど、夕暮れが始まりかけた頃に、赤い屋根の家の丘に。

美瑛町 雪に佇む親子の木

美瑛町の親子の木と呼ばれる、3本のかしわの木。3つ並んだその姿が、まるで家族が手をつないで並んでいるようにも見えることから、そのように呼ばれるようになったという。

美瑛町 冬のセブンスターの木へ

冬のセブンスターの木。そこは冬の雪景色の中に佇む一本の大きな木。葉の枯れ落ちたその風情はさみしいけれど、美瑛の冬を耐え忍び、春を待ち続ける力強さのある姿。

美瑛町 マイルドセブンの丘の面影が残る頃

秋に訪れた美瑛町。夕日の木からパッチワークの路を通って、マイルドセブンの丘へと沈んでいく夕日を追いかけてみた時。その頃はまだ、マイルドセブンの丘の面影がほんのすこし残っていた頃。

美瑛町 雪の青い池のライトアップ

冬の美瑛の青い池。そこは日が落ちるとライトアップが施され、暗がりの夜闇の中に輝きが浮かび上がる場所らしくって。

美瑛町 寂しくなった冬のマイルドセブンの丘に

美瑛町の冬のマイルドセブンの丘。そこは白一色に染まったゆるやかな丘。マイルドセブンの丘と呼ばれる場所は二つあるけれど、こちらは第1のマイルドセブンの丘。だけど、なんか印象が違っていて。

美瑛町 北西の丘展望公園にイッテミル

美瑛町の3月はまだ冬の中、雪の中。パッチワークの路付近の展望台、北西の丘展望公園の展望台へと。なんとなく展望台自体が雪に埋もれているようにも見えるけれど。

占冠村 トマムリゾートのアイスビレッジにイッテミル

占冠村トマムの星野リゾートにて開かれているアイスビレッジ。冬のあいだに生み出されるそこは、氷でつくられた氷と雪の青く冷えた村。

美瑛町 アスペルジュの上品料理を食しにイッテミル

美瑛の町を散策後、すっかり暗くなってしまい帰宅を考え始めた頃。お腹もぐうとなり始めて、そういえばご飯らしいご飯を食べてない。行ってみようかと思ったのは、美瑛選果の建物に併設されてたレストラン。その名は「Asperges アスペルジュ」。

美瑛町 選果工房のおやつをためしにイッテミル

美瑛町の美瑛選果といえば、道の駅的な美瑛のお土産と、野菜のお店。その隣にある選果工房はファストフードとおやつのお店。

美瑛町 夕日の木の夕日を眺めにイッテミル

美瑛町のパッチワークの丘付近を移動中、ちょうど西のほうの空が茜色に変わり始めていて。グーグルマップで見ると「夕日の木」と書かれてている場所があって、距離的にも程近く。