ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

【胆振地方】-室蘭市

室蘭市 潮見公園展望台からの眺望

ダンボーと歩く北海。6月の終わり頃に散歩してみたのは、室蘭市のイタンキ浜周辺の潮見公園展望台。

室蘭市 崎守埠頭からのJX工場夜景

ダンボーの北海道巡り、室蘭市の工場夜景の重要な一角をなす灯を眺めに室蘭市崎守方面の埠頭へと。

室蘭市 観光道路からの夕景・夜景

ダンボーとニャンボーと歩く北海道、4月の上旬に室蘭市の観光道路付近をお散歩。空はすっかり夕暮れで、室蘭港のはるか向こうに夕日の姿が落ちたあと。

室蘭市 崎守町の一本桜

ダンボー・ニャンボー道内征服の旅、5月11日に立ち寄ってみたのは室蘭市の崎守一本桜。ゆるやかな傾斜のかかった牧草地の緑の中にポツーンと佇む一本桜。

室蘭市 幌萌町の大山桜のライトアップ

ダンボー・ニャンボー道内征服の旅、5月7日に室蘭の幌萌町へ。そこにあるのは、推定樹齢約180年といわれている、幌萌町の大山桜。そこは開花の時期の夜間になると地元の有志の方々の力でライトアップが行なわれ、夜の闇の中に堂々たる姿が浮かび上がる場所。

室蘭市 地球岬から見る夕日

室蘭八景のひとつ地球岬。そこから見る海と空との水平線は、地球って丸いんだってことを改めて実感できるとも言われる絶景ポイントのひとつ。

室蘭市 ひっそりと海を見つめる亀岩

室蘭市の室蘭八景のトッカリショ。その断崖絶壁の一角をなす岩の連なりの中に、ぽつんと佇み、水平線の彼方向こうを見据える縁起物にもかぞえられる生き物の姿。

室蘭市 室蘭八景のトッカリショ

室蘭市の外海、太平洋に沿った小高い断崖の上を通る観光道路。その一角にあるのが室蘭八景にも選ばれているトッカリショ。

室蘭市 輪西町の「こがね」に昔風のカツ丼を食べにイッテミル

室蘭市にある、昔からのお蕎麦屋さん「小がね」。どことなく昭和の香りを残し続ける味わいのお店。室蘭市内数店舗あるけれど、今回は室蘭市輪西町の「小がね」へ。

室蘭市 祝津公園展望台から夜景を見にイッテミル

室蘭港をまたいで渡る白鳥大橋。室蘭市にはいくつかのビューポイントがあるけれど、祝津公園展望台も、その中の有数な場所のひとつ。

室蘭市 冬に灯る輪西7条グリーンモールのミニミニイルミにイッテミル

室蘭市輪西町。昔の賑やかな商店街の中央の、いまはさみしい7条グリーンモール。200メートルばかりの長さの、小さな小さな緑の歩道。冬が近くなると、ほんのちょっとだけれども、青と白との光が輝く。

室蘭市 白鳥大橋展望台からの夜風景

室蘭市の白鳥大橋は、室蘭八景のひとつとなる夜景の室蘭港をまたぐ白い大橋。白鳥大橋展望台は白鳥大橋の祝津側の根元に位置する展望所。

室蘭市 大晦日のえとも岬展望台から

今日は一つの締めくくりの日。夕日が見えるかなーと思いながら、室蘭のえとも岬展望台へと。でもあつーいあついーい雲に覆われていて、夕日どころか夕焼けすらも見れそうになく。

室蘭市 みたら室蘭から見る大黒島夕景

室蘭の道の駅「みたら室蘭」の裏から見る海景色。そこは祝津臨海公園ともなっていて、室蘭港に浮かぶ大黒島の姿が、近くで見れる場所。この場所、30年ほど前はまだ海の中だったはず。白鳥大橋建設の関係で埋め立てられた場所のはず。

室蘭市 ささやかだけど光り輝くらんらん橋

北海道の室蘭市は工場あふれる鉄の街。その小さな街の、小さな川の、小さな橋の上に光るささやかなイルミネーション。白い雪の中に光る、ささやかなイルミネーション。

室蘭市 イタンキ浜の夜明け

そういえば、あそこ行ったことないなあ。これ、見たことないなあ。 世界は見たことないものでできていると感じたり、そんな場所をすこしでも埋めてみたいと思ったり。