ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

【檜山地方】-乙部町

乙部町 春の乙部の青い海(道の駅から)

ダンボー・ニャンボー道内旅行、4月の終わりごろに立ち寄ってみたのは春の乙部の青い海。

乙部町 (タイトル訂正)きれいな海を眺めて食べる「レストラン元和台」にイッテミル

(「きれい」と書くところが、「きらい」と打ち間違えちゃってました)。乙部町のレストラン元和台。北緯42度岬とも呼ばれる突符岬に位置するそこは、赤い屋根のレストラン。

乙部町 えっ?て名前の「北緯42度岬」にイッテミル

乙部町の北緯42度岬。そこはレストラン元和台のある展望所。そこから見える乙部町の海岸線は美しくて綺麗で、かっこよく。

乙部町 崩れそうな窓岩がそびえる元和台の海のプールにイッテミル

元和台海浜公園は乙部町の海水浴場。環境省による快水浴場百選に北海道から唯一選ばれている海のプール。海だけどプールと呼ばれている、ちょっと不思議なところ。

乙部町 風変わりな滝に出会える八幡神社

乙部町のソーランライン229号線沿いに現れる、ちょっとなぞめいた小さな神社。八幡神社となっているけれど、地図上では三ツ谷八幡神社と記載されていて。

乙部町 変わった海岸線が魅力の乙部町は穴澗岬

乙部町の穴澗岬。道の駅の展望台から見かけた、ちょっと変わった感じの、ぽっかりと穴が開いてる岬(岩なのかも)。乙部町には「くぐり岩」という場所もあるけれど、こちらもちょっと不思議な光景。近くで見てみようとグーグルマップ眺めてたら、なんのこと…

ルート元和台229から、開放的な海の広がりを

ルート229元和台。乙部町を通る国道229号線に面してた道の駅。道の駅としては小規模なれど、海抜40mの高さにあるそれは、海に面していることもあり、そこからは西の海を一望できる。