ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

上富良野町 かんのファームに広がるカラフル花畑

f:id:shirokumapanda:20190823003429j:plain

ダンボーの北海道旅行、7月中旬の上富良野町のかんのファーム。10月上旬ごろまでは色とりどりの花畑や農作物を楽しめるファームだけれど、7月の中旬~下旬ごろはラベンダーが満開になる見ごろの頃。

 f:id:shirokumapanda:20190823003434j:plain

美瑛町から上富良野方面へつながる国道237号線沿い、美瑛から上富良野へと向かうと深山峠展望台よりもすこしばかり美瑛側にあるのが、かんのファーム。美瑛町の四季彩の丘にも思いのほか近いところにある、丘に広がる花畑。

f:id:shirokumapanda:20190823003656j:plain

7月の中旬ごろはラベンダーが最盛期。

f:id:shirokumapanda:20190823003418j:plain

f:id:shirokumapanda:20190823003524j:plain

f:id:shirokumapanda:20190823003452j:plain

f:id:shirokumapanda:20190823003458j:plain

丘に広がるラベンダー畑なので、坂道散歩をしなければ楽しみきれない感じはあるけれど。

f:id:shirokumapanda:20190823003505j:plain

f:id:shirokumapanda:20190823003606j:plain

ここは富良野盆地にある最北のラベンダー畑とも言われていて。

f:id:shirokumapanda:20190823003548j:plain

そう言われると、なんとなく見えてくる雰囲気も変わってくる。

f:id:shirokumapanda:20190823003511j:plain

ラベンダー畑の最北というわけではないので、さほどの意味は無いのだけれど。

それよりも、こちらのラベンダーの多くは実生で育てられているという話もあって、他のラベンダー園とはひと味ちがう感触を楽しめるとも言われていて。

f:id:shirokumapanda:20190823003536j:plain

同じ品種が一面に広がるのではなく、いくつかの品種が交じり合うようにして咲いているという。実際は、よく分からなかったけれど…

f:id:shirokumapanda:20190823003619j:plain

ラベンダーに限らず、他にも広がるカラフルなお花畑。

f:id:shirokumapanda:20190823003530j:plain

f:id:shirokumapanda:20190823003559j:plain

f:id:shirokumapanda:20190823003702j:plain

一昔前の「モリゾー」的なものも並んでいたり。

f:id:shirokumapanda:20190823003649j:plain

たぶんハートマークかな。

f:id:shirokumapanda:20190823003656j:plain

売店では軽食コーナーもあるので、こんな景色を眺めながら一休み。

f:id:shirokumapanda:20190823003625j:plain

f:id:shirokumapanda:20190823003632j:plain

これはあげ芋。7月中旬ぐらいになると、ゆでとうきびも出回る頃。

f:id:shirokumapanda:20190823003643j:plain

入園料や駐車場はかからないし、気軽に楽しめるお花畑。

f:id:shirokumapanda:20190823003440j:plain

それにしても、サルビアとラベンダーは何度見ても勘違いしやすくて。。。

 


【場所】

【上富良野町 かんのファーム】

f:id:shirokumapanda:20190823003458j:plain

【訪問日:2019.07.14】