ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

上富良野町 丘の上の5本の木(かんのファーム)

f:id:shirokumapanda:20190821233534j:plain

ダンボー・ニャンボー道内旅行、7月の中ごろに訪ねてみたのは上富良野町のかんのファーム。ここは、いわゆる「5本の木」と呼ばれる丘の上に立つ5本のカラマツの木を遠くから眺めることができる場所。

f:id:shirokumapanda:20190821233623j:plain

季節にもよるけれども、丘に広がる花畑がきれいな「かんのファーム」。主力の花畑の丘からはちょっと離れた場所にあるのが5本の木の展望所。

f:id:shirokumapanda:20190821233617j:plain

トラクターがあるのでその向こうに見えるのかと思いきや、このトラクターを背にして道路のほうを眺めると、正面の丘の上に立つ木の姿が5本の木。

f:id:shirokumapanda:20190821233553j:plain

あれかー

特段なんの変哲も無い丘の上に並ぶ5本の木が、急に観光名所になったのは2013年ごろ。その当時の嵐が出演したJALのCMのロケ地であったことから、メジャーになってしまった場所。

f:id:shirokumapanda:20190821233540j:plain

そんな5本の木を傍で見ようと畑の中に入り込む人が後を断たず。一時は「切られて4本になった」とか「植えられて7本になった」とも語られていた5本の木。

f:id:shirokumapanda:20190821233636j:plain

こうしてみると、いまは5本に戻っているように見えるけれど。他の場所でも畑に入る人がいなくならず、悩み続けている農家の人が多いらしいので、またいつか変わってしまうかもしれない。

f:id:shirokumapanda:20190821233558j:plain

もともとは地主さんのおじいさんが飼っていた馬が亡くなり、その亡骸を埋めた場所に植えられたという墓標の木とも言われていて。 

f:id:shirokumapanda:20190821233546j:plain

一時期は木の数が変わっていたというのも本当みたいなので、丘の麓の道路から眺めたりするのではなく、この展望所あたりから静かに見守るのがよいような気がする。

f:id:shirokumapanda:20190821233610j:plain

げんきでね。。。

かんのファームは入場料も無料で、駐車場も無料。安心・安全に、5本の木を眺められるとっておきの場所。

 

【場所(かんのファームの展望所)】


【上富良野町 5本の木】

f:id:shirokumapanda:20190821233629j:plain

【訪問日:2019.07.14】