ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

森町 思わず微笑む、微笑み桜通り

f:id:shirokumapanda:20190515025721j:plain

誰が呼んだか名付けたか、森町にある桜並木路。1kmにも満たない長さだけれども、100本ほどの桜の木が街路の両脇から道を覆う桜路。その名は、微笑み桜通り。

 f:id:shirokumapanda:20190515025725j:plain

住宅の隙間の向こうに見える駒ケ岳を眺めながら、とことこ迷いながら歩いていると、偶然たどり着いたのがこの桜並木路。

f:id:shirokumapanda:20190515025714j:plain

北斗の桜回廊や静内二十間桜並木などと比べたら、はるかにはるかに小さい規模ではあるけれど。
約100本ほどの桜が連なるその街路は、観光地としての知名度はもちろんなく、ひっそりと住宅街の中で静かに花開き。道路も路もせまめの街路なので、見上げるとそこは桜の花の天井のようでもあり。
何気に通りかかったときに、おまけのような桜並木が始まると、思わずにっこりとしてしまいそうで。そんな感じだからか、微笑み桜通り。

f:id:shirokumapanda:20190515025718j:plain

目指していく人はあまりいないだろうけれど、桜の時期にオニウシ公園や青葉が丘公園によった際には、こちらにも足を運んでみてはいかがかと。
5個入りだとおもっていたからあげクンが6個入っていたみたいな、そんなおまけのような桜名所。

私自身もそんな場所があるとも知らず、そんな名称があるとも知らずに、道の駅に戻ろうとしながら迷子になって、さまよい歩いた桜路。地元の人しか知らないような、ひっそりとした桃色並木。


【場所】


【森町 微笑み桜通り】

f:id:shirokumapanda:20190516235714j:plain

【訪問日:2019.05.05】