ミテミル イッテミル (in 北海道)

北海道のあちらこちらを、ダンボーを相棒にドライブしながらの訪問記録。観光スポットからB級スポットまで巡ってみたいところ。思い出したように書くため、リアルタイム更新ではありません。季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

七飯町 氷の世界の蓴菜沼のワカサギ釣りにイッテミル

f:id:shirokumapanda:20190315222551j:plain

七飯町の蓴菜沼、そこは冬になると湖面が凍結する氷の世界。一面厚く張った氷の下には冷たい水。そしてそこを泳ぐのは銀色に輝くワカサギ。
ここは冬になると氷上でワカサギ釣りを楽しめる、白くて冷たい場所。

 f:id:shirokumapanda:20190315223534j:plain

蓴菜沼(じゅんさいぬま)は、高速道路の大沼公園インターから車で5分~10分ほどのところ。
この沼は、かつては白鳥がいっぱい降り立っていたことから「白鳥の沼」とも呼ばれていたらしく。維新の香りが漂い続ける明治5年、当時の北海道開拓使次官・黒田清隆がこの沼を視察したときに「良質なジュンサイが多く取れるから、ここを蓴菜沼と称しよう」ということで、蓴菜沼になったとか(安易...)。

f:id:shirokumapanda:20190315230108j:plain

あっちいく


駐車場に車を停めて沼の方へと入っていく。滑りそうな階段を下りながら湖面のほうへ。湖面とは言っても、氷の湖だけど。

f:id:shirokumapanda:20190315230113j:plain

はやくー

階段を下っていくと、氷上に建つ大きなビニールハウスが目に入ってきて。そこがワカサギ釣りの受付場所。

f:id:shirokumapanda:20190315230118j:plain

ワカサギ釣りは遊魚料で600円、釣竿・エサ・バケツ・イス・はさみとかのレンタル一式で500円。何も持たずに手ぶらで行っても、必要なものはすべてレンタルで一式そろう。必要ならば、長靴も貸してくれて(無料)、とっても親切。

f:id:shirokumapanda:20190315223247j:plain

実はこのハウスの中も釣り場になっているけれど、せっかくだから屋外氷上でチャレンジ。漁業許可証みたいな紙を服のボタンに縛り付けて漁業民スタート(もってないと密漁になるのかも)。

f:id:shirokumapanda:20190315224051j:plain

「ワカサギ釣りはやったことありますか?」「わかりまへん」と答えると、えさのつけ方から始まって針からのはずし方、吊り上げるコツ、どの辺が釣れているかなんぞを、けっこう親切に釣り方を教えてくれて。

・エサ(ちっちゃい幼虫的な虫)を針につけて、はさみで小さく切る。
・糸を垂らしたら、トントントンおと3回誘いをかける。
・竿をそっと置く。
・じいっと竿先の糸に注目。
・ぴくっと動いたら、魚が来ている証拠。一気に竿を吊り上げる。
・わぁい。

みたいな感じ。
つり方から始まって、歩き方の注意とか、どの辺が釣れているか、食いつき外囲かどうかとかもしっかりレクチャーをうけて、さっそく釣りに。
この時間帯は、真ん中あたりが釣れているらしいので、真ん中付近に向かって。「岸のほうと、黒くなってるところは危ないけど、あとはまだ大丈夫です」ということだったから大丈夫とは思うけど、黒ずんでるってどこ?って思いながら。

f:id:shirokumapanda:20190315223525j:plain

秋の残り香を感じたりもしながら。

f:id:shirokumapanda:20190315230128j:plain

わぁ!

f:id:shirokumapanda:20190315230123j:plain

あぶない...

氷の厚さは30センチくらいはありそうで。ところどころ、すでに開いている穴を探しながら、どのへんで釣ろうかなって、氷の上を散策。穴は自分で開ける必要はなくて、すでに空けられている場所を利用する。

f:id:shirokumapanda:20190315223539j:plain

ふさがってる

ところどころ小さなテントも設置されていて。そこなら風も防げるので、さむさをちょこっとしのげる。
それにしても、周りは友達連れ、家族連れ、カップルと。1人で来てるのは自分だけ...

f:id:shirokumapanda:20190315222546j:plain

ここにしよっか

まあ、そんなことは忘れて。駒ケ岳を眺めながらつれる場所でチャレンジ。釣れるかどうかの不安は大きいけれど、釣りに没頭すればさみしくない(たぶん)。

えさを針につけて(生きてる...)。。。老眼気味のせいか、針先がよく見えない。
エサをはさみで切って(生きてる)。。。小さく切った方が食いつきが良いみたいだけど、老眼気味で(略)。

それでも何とかがんばる。糸を垂らして、トントントンと誘いをかけて、じっと見る。

f:id:shirokumapanda:20190315222223j:plain

あっさりと。

f:id:shirokumapanda:20190315220243j:plain

f:id:shirokumapanda:20190315220247j:plain

ほんとにつれた...

糸をたらした瞬間にピクリと動いて、ほんとうにあっさりと。ちなみにこの日は「食いつきがいいです」と伝えられてました。

f:id:shirokumapanda:20190315220302j:plain

わあい

どんどん釣れる。

f:id:shirokumapanda:20190315222555j:plain

予想以上に、よく釣れる。

f:id:shirokumapanda:20190315222227j:plain

ときどき、違う魚も釣れるけど。右側のトゲピー的な魚、とげが痛くて、針をはずすの大変。

f:id:shirokumapanda:20190315220257j:plain

活きも良いので、ぴちぴち跳ねる。
あまりに簡単に釣れるので、ちょっとびっくり。
20分くらい続けるとエサが白くなっちゃうので、そうなるとエサを取り替えたり。時には糸を垂らす深さを変えてみたり。場合によっては、場所そのものを変えてみたり。

f:id:shirokumapanda:20190315222212j:plain

テントいこー

f:id:shirokumapanda:20190315222605j:plain

つれるかな

f:id:shirokumapanda:20190315222219j:plain

あっさり...

f:id:shirokumapanda:20190315222200j:plain

いっぱい

たぶん、よく釣れる日・時間帯だったんだろうと思うけど。

ちなみに小型テントの中、強風のときは気をつけないと危ないかも。固定されているわけではないので、すごい突風が吹くと、テントごとずるっと動きます。背中から思いっきりテントに押されて、あぶなく足を踏み外すとこだった。

f:id:shirokumapanda:20190315222559j:plain

いっぱーい

ほんとに全部ワカサギ?という疑問もありながらも、それっぽい魚をバケツに入れて。1時間半ほどの漁業民。

f:id:shirokumapanda:20190315224101j:plain

おなかすいたの?

f:id:shirokumapanda:20190315224046j:plain

思えば遠くへきたもんだ。ビニールハウスがけっこう遠い。

f:id:shirokumapanda:20190315224056j:plain

ごはん食べに行こう

ビニールハウスに戻って、ストーブであったまりながら。

f:id:shirokumapanda:20190315223243j:plain

てんぷらの出来上がりを待つ。
ここは釣ったワカサギを、その場でてんぷら(から揚げ?)にしてもらうことも出来て。

f:id:shirokumapanda:20190315223232j:plain

わぉ

f:id:shirokumapanda:20190315223237j:plain

100gまで300円、それ以上は500円。

f:id:shirokumapanda:20190315223227j:plain

いぱーい

おいしいけれど、1人で食べるには多すぎた...。持ち帰りも可能なので、そのあたりは臨機応変に。

食べた後は、少しばかり氷上散歩。

f:id:shirokumapanda:20190315224107j:plain

f:id:shirokumapanda:20190315223544j:plain

すこしはおなかをすかせないと。

f:id:shirokumapanda:20190315223529j:plain

ワカサギ釣り。2019年は3/17まで営業中みたいです。
なお、トイレは駐車場付近まで戻らないといけないのが、ちょっと悩ましいかも。真ん中あたりで釣っていると、戻るのが大変で。

 


【場所】

 

【サイト(フェイスブック)】

ja-jp.facebook.com



【七飯町 蓴菜沼の氷上にて】

f:id:shirokumapanda:20190315220252j:plain

【訪問日:2019.03.09】