ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

洞爺湖町 まばゆい輝きのイルミネーショントンネル

f:id:shirokumapanda:20181110002041j:plain

例年11月になると洞爺湖温泉街に現われる光り輝く空間。イルミネーショントンネル。40万個の電球が黒い夜に明るく光る、70mのトンネル。

冬の夜が始まる18:00ごろから22:00までの時間に現われる、光のカーテンに包まれた輝くトンネル。

 

f:id:shirokumapanda:20181110003235j:plain

そのなかは色とりどりの明かりに包まれていて、幻惑的に光り続ける。

f:id:shirokumapanda:20181110002050j:plain

トンネルは一直線ではなく、緩やかなカーブを描いていて、歩みを進めていくと、先のほうの色変わりが徐々に徐々に姿を現す。

f:id:shirokumapanda:20181110002308j:plain

f:id:shirokumapanda:20181110002719j:plain


ゆっくり歩けば、色とりどりの光の渦に囲まれて、夢の中の何かのよう。

f:id:shirokumapanda:20181110002706j:plain

つかまえたい

f:id:shirokumapanda:20181110002058j:plain

「さわっちゃだめよ」「...」

ひとつ一つの光は小さな輝きだけれども、集まりまとまった溢れるような光とともに。

f:id:shirokumapanda:20181110002702j:plain

トンネルは微妙な坂道を形成し、雪が降ると滑りやすいという罠もあるけれど。特に下りは危なそう。

f:id:shirokumapanda:20181110002313j:plain

f:id:shirokumapanda:20181110002045j:plain

はやくはやくー

f:id:shirokumapanda:20181110002054j:plain


「洞爺湖万世閣」か「ゆとりろ洞爺湖」に泊まると、ホテルの入り口を出てすぐ目の前にトンネルの入り口。

f:id:shirokumapanda:20181110002714j:plain

さっぽろ大通りのホワイトイルミネーションと比較すると明らかに見劣りはするけれど、遠くからわざわざ見に行ったらがっかりしそうだけれども、日帰り入浴の帰りやお泊りのときの夜散歩、近くに行ったときの寄り道としては、けっこうな見ごたえが。

ちょこっと1歩足を伸ばしての観光スポット。今年は11月から始まって、3月3日のひな祭りまで。

f:id:shirokumapanda:20181110002318j:plain

いまは雪はなくて落ち葉の見える秋の道。
雪が降り積もり凍った季節の、凍える空気のなかでみるイルミネーションのほうがきれいなのかも。

f:id:shirokumapanda:20181110002323j:plain

凍って澄んだ空気の中で見る光の輝き。通路に降り積もった雪の乱反射。
寒くて歩きにくいはずだけど、そんな時期に見るのがよいのかも。

f:id:shirokumapanda:20181110003240j:plain

またねー

でも時期が違っていても、きれいなものはきれい。

【場所】
【サイトとか】

イルミネーショントンネル2017年-2018年情報|【洞爺湖温泉公式HP】一般社団法人 洞爺湖温泉観光協会 |北海道・洞爺湖の観光・温泉・旅館情報

【メモとか】

・特定の駐車場はないけれど、洞爺湖温泉街は公共の駐車場がいっぱいあるので、近くの場所を使うとよさげ。

 

【洞爺湖町 晩秋のイルミネーショントンネルにて」

f:id:shirokumapanda:20181110002327j:plain

【訪問日:2018.11.03】