ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

美瑛町 ポプラの大樹、ケンとメリーの木

f:id:shirokumapanda:20200117225602j:plain

ダンボーの北海道征服の旅、7月の中旬に立ち寄ってみたのは美瑛町北西方面に広がる丘陵地帯。その一角に立つケンとメリーの木とも呼ばれ親しまれているポプラの大樹。

f:id:shirokumapanda:20200117225638j:plain

ケンとメリーの木は美瑛町の北西の丘方面に立つポプラの木。セブンスターの木、親子の木、マイルドセブンの丘(なくなっちゃったけど…)と並んで有名な、美瑛の町の北西方面の丘の中に立つ樹木。

f:id:shirokumapanda:20200117225648j:plain

令和から遡ること3世代前の大正の時代、1923年に隣の畑との境界線の目印としてポプラの苗木がここに植えられた。

f:id:shirokumapanda:20200117225755j:plain

大正・昭和・平成と育ち続けて、いまなお北西の丘に広がる畑の一角に佇むポプラの木。老木の境地に達しており、そろそろ寿命かもといわれたのが2002年のこと。でも、見るからにはまだ元気そう。

f:id:shirokumapanda:20200117225801j:plain

いつのころからか、カップルで訪れると恋がかなう場所としても知られているらしい。

f:id:shirokumapanda:20200117225729j:plain

ひとりできちゃったじゃん

だめじゃん

カップルで来てる時点で恋かなってんじゃん、って思うけど。

1976年に発売された日産の4代目スカイライン(C110型あるいはケンメリ)のCMのロケ地として使われたことで広く知られるようになった、丘陵地帯の中にぽつんと高くそびえ立つケンとメリーの木。

f:id:shirokumapanda:20200117225714j:plain

3代目のスカイライン・ハコスカから続く「愛のスカイライン」をつないだ4代目ケンメリ。恋愛成就の噂は「愛のスカイライン」というキャッチコピーの影響かもしれないね。

f:id:shirokumapanda:20200117225828j:plain

いつーだってー♪

どこにーだってー♪

CMに使われていた「ケンとメリー ~愛と風のように~」もヒット。曲と、スカイラインのイメージ、愛をはぐくむ様に旅する2人の姿のCMで、それまで無名だったポプラの木が一躍世間に広まり、いつしか観光スポットへと。

f:id:shirokumapanda:20200117225814j:plain

無料駐車場は20台くらいがとめられるような広さがあるので、少し安心できる感じ。そして観光の人もひっきりなしにやって来るけれど、あまり団体の観光バスは止まることが少ないらしい。

f:id:shirokumapanda:20200117225736j:plain

まだまだ げんきだよね、ね?

樹齢100年が近づいているケンとメリーの木。
夏よりも冬がいいという声もよく聞くけれど、夏の緑が茂った元気な姿も存在感があっていいと思う。

f:id:shirokumapanda:20200117225612j:plain

パッチワークの路も通る北西の丘。

f:id:shirokumapanda:20200117225841j:plain

丘の街びえいの丘の路。いわゆるビューポイントもいくつかあるので、のんびり散策すしてみるのもまた一興。

f:id:shirokumapanda:20200117225834j:plain

f:id:shirokumapanda:20200117225853j:plain

あぶないよ

f:id:shirokumapanda:20200117225847j:plain

あぶないってば

f:id:shirokumapanda:20200117225822j:plain

ちゃんと路をあるこ

あ! 忘れた!

f:id:shirokumapanda:20200117225702j:plain

げんきでねー!




【場所】


【美瑛町 ケンとメリーの木】

f:id:shirokumapanda:20200117225807j:plain

【訪問日:2019.07.14】