ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

せたな町 怪獣ぽさの漂う獅子岩

f:id:shirokumapanda:20190411232737j:plain

せたな町の海岸沿いを走る追分ソーランライン。そこは荒っぽい断崖と奇岩が連なる奇岩ロードとも呼ばれる道。獅子岩はせたな町の奇岩ロードを南から北へと走っていった終盤にあらわれる奇石。

f:id:shirokumapanda:20190411232327j:plain

港の中に大きく立ち上がるその岩は、獅子が空に向かって大きく雄たけびを上げる姿に似ていることから獅子岩という名前が与えられていて。なおこちらの姿は、美谷トンネル南側の漁港から眺めてみた獅子岩。

f:id:shirokumapanda:20190411232420j:plain

漁港の防波堤のなかに立ち上がるその姿は、獅子というよりは怪獣のようにも見えてきて。
昭和の初期の頃は「アネコ岩」とも呼ばれていたらしく。和服を着て歩くお姉さんのように見えていたのかどうかは不明。
ちなみに、もともとは大きな岩が3つ獅子岩の天辺に乗っていたようですが、北海道南西沖地震の際に転がり落ちてしまったらしく、いまとなっては元々の姿は想像することしかかなわず。
昔はもっともっと獅子っぽく見えていたのか、自然は必ず風化する、今あるものもいつかは見れなくなる、そんな寂しい気分にも。

f:id:shirokumapanda:20190411232425j:plain

そんな気持ちを「しったことか」とでもいうように、港でくつろいでいるネコ2匹。

それにしても、この近辺。

f:id:shirokumapanda:20190411235641j:plain

何ともいえない雰囲気で(奥に見えるトンネルが美谷トンネル)。

f:id:shirokumapanda:20190411232433j:plain

断崖絶壁に囲まれた道。きわめつけが、

f:id:shirokumapanda:20190411232429j:plain

魔物が口を開いたような、道路わきの崖の上。

f:id:shirokumapanda:20190411232319j:plain

何かのタイミングでごろんと落ちてきそうな恐ろしさ。

f:id:shirokumapanda:20190411232315j:plain

なんかすごい。。。

ソーランラインの頭上にそそりたつこちらの崖は、何ともいえない迫力を備えていて恐ろしくなるほどの不気味さをたたえている。

f:id:shirokumapanda:20190411232413j:plain

写真右のほうの手作りトンネルっぽい穴も気になるところ。

f:id:shirokumapanda:20190411232742j:plain

後から知ったことだけど、獅子岩の看板は美谷トンネルの北側に立っているみたいで。本来は北側から見るのが正解だったのかも。そちらのほうからだと、獅子っぽさが生まれてくるのだろうか。

f:id:shirokumapanda:20190411232323j:plain

ばいばい

 

。。。そんなこんなで別日。

f:id:shirokumapanda:20190411232732j:plain

こんどは美谷トンネルの北側から。ちょこんと見えている獅子岩。
ちょこっと角度を変えてみれば、

f:id:shirokumapanda:20190411232723j:plain

もう少し見えてはくるけれど、こちらからだとちょっと見えにくくなっていて。

f:id:shirokumapanda:20190411234415j:plain

新トンネルや新道の整備が進行中なのか、グーグルマップのストリートビューで見る姿とは趣が変わりかけていて。道路脇の堤防も高く高く整備中っぽくて。

f:id:shirokumapanda:20190411234420j:plain

変わりゆくある風景の一部なのかもで。

f:id:shirokumapanda:20190411233931j:plain

通ってみたくなるトンネル、その①。

f:id:shirokumapanda:20190411233921j:plain

行ってみたいけれど。。。

f:id:shirokumapanda:20190411234411j:plain

通ってみたくなるトンネルその②。かなり昔に作られた、砂浜沿いのトンネルなのかもと思ったりもする。乙部町のくぐり岩っぽい雰囲気で。

それにしても獅子岩は、北側から見てもやっぱりそれは怪獣造形。

f:id:shirokumapanda:20190411232728j:plain

やはりどこか、ゴジラとかレッドキングとか、そういう姿を思い出させる。
ジュラシックパーク的なスムーズに動きそうな姿ではなく、のっそりゆっくり迫ってくるような怪獣スタイル。

f:id:shirokumapanda:20190411233936j:plain

またね。。。

この勇姿(?)も、いつかは見られなくなってしまうのかも。


【場所】

 

【せたな町 獅子岩にて】

f:id:shirokumapanda:20190411233941j:plain

【訪問日:2018.07.21/2019.04.06】