ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

小樽市 雪あかりの路③・小樽運河のほのかな灯

f:id:shirokumapanda:20190412224927j:plain

例年2月の上旬から中旬にかけて、札幌雪祭りの裏で対応するかのように開催されているのが小樽・雪あかりの路(2019年は2/8~2/17で開催)。メイン会場となる手宮線会場、小樽運河会場、朝里川温泉会場をはじめとして、冬の小樽市内のあちらこちらのミニ会場で、街並みがキャンドルライトに照らされる。小樽という街全体がひとつになって、雪の中でかよわくゆらめく無数の灯を輝かせるイベント。

f:id:shirokumapanda:20190412225653j:plain

3つのメイン会場のうちのひとつが、通年で観光のお客さんがやってくる小樽運河。昼間の明るさとはまったく違った世界がそこに浮かび上がってくる。

f:id:shirokumapanda:20190412225642j:plain

前みたもーん

雪あかりの路の直前までやっているのが「青の運河」。でも今日のはまた違う世界なのよ。

f:id:shirokumapanda:20190412225647j:plain

ほんと?

ほんと。暗くなるのを待ってみよう。

そして、夜。

f:id:shirokumapanda:20190412224218j:plain

青の運河とは違う輝きの小樽運河。ほのかでおぼろげな、暖かい光にが浮かび上がる小樽運河。

f:id:shirokumapanda:20190412224208j:plain

わぁー

青の運河もきれいだけれども、青い人工的な輝きとは違う、あたたかみのある、そしてゆらぐ灯の小樽運河。
ゆらぎゆらめき、瞬き霞む。そんな灯の小樽運河。

f:id:shirokumapanda:20190412224340j:plain

運河沿いの街路もまた、手宮線会場に勝るとも劣らないようなオブジェのまたたきが次から次へと連なって。

f:id:shirokumapanda:20190412224348j:plain

揺れる炎の灯の、ほのかな明かりの世界が続く。

f:id:shirokumapanda:20190412224328j:plain

温かみのある暖色系の発色もまた、冬の小樽の街並みに映え。運河沿いの佇まいの中にも映えて。

f:id:shirokumapanda:20190412224334j:plain

こちらも、すぐにでも消えてしまいそうなほどの、ほのかな明かりに囲まれる世界。そしてその灯を浴びて輝く運河もまた、

f:id:shirokumapanda:20190412224353j:plain

昔風の倉庫群に囲まれている運河もまた、夢まぼろしのような印象が強まってきて。まさにこちらもまた幻影的な異空間。

f:id:shirokumapanda:20190412224909j:plain

スノーキャンドル、アイスキャンドルを透かしてみる光は乱反射を重ね重ねて、独特な輝きを持って、降り積もる雪を照らし出す。

f:id:shirokumapanda:20190412224159j:plain

照らし出された雪の乱反射によって輝きだす足元の世界は、これぞ雪あかりの路。

「静かなあおい雪あかり」あ。青くはないけれど、乱反射が織り成す、ほのかにかすかに明るい世界。それぞまさに、雪あかり。

f:id:shirokumapanda:20190412224923j:plain

ちなみに、願い事を書いた紙コップがあちらこちらにおいてあるけれど、

f:id:shirokumapanda:20190412224914j:plain

日銀通り側の広場にあるテント売店で購入。お願い事を書いたら、置く場所は運河沿いの「どこにおいてもいい」とのこと。

f:id:shirokumapanda:20190412224203j:plain

けさずにもってきたー

200円か300円くらいだった気がします。

f:id:shirokumapanda:20190412225637j:plain

かなうかな。。。

雪あかりの路は「~21:00まで」となっています。ですが見ていた感じでは、「21:00消灯開始」ではなく、「21:00消灯完了」で動いているような感じです。なので、直前に行くと、「かなり消されている」可能性がありますのでご注意を。

f:id:shirokumapanda:20190412225658j:plain

イベント中は、駐車場はかなり込み合うことが予想されるうえ、雪深い小樽のせいか、ものすごーく駐車スペースが狭くて落ち着かない可能性があります。とくに運河周辺、駅周辺は込み合う可能性大。

f:id:shirokumapanda:20190412225056j:plain

ちょっと歩くのに抵抗が無ければ、「かま栄」の建物の裏のタイムズパーキング付近とかが、比較的すいているかもしれません。運河会場までは10分程度、手宮線会場だと15分程度は歩きますが。

f:id:shirokumapanda:20190412225050j:plain

街並みの中にも小さな「ミニミニ雪あかり」があったりもするので、そういうのを眺めながら歩くのもよいのでは。

f:id:shirokumapanda:20190412225040j:plain

f:id:shirokumapanda:20190412225045j:plain

もうちょっとみたいよ

f:id:shirokumapanda:20190412224918j:plain

もう、だいぶ消えちゃったよ。。。

街ぐるみで作り上げている、冬の小樽の風物詩。
また、来年ね。

 


【場所】

 

【小樽市 雪あかりのみち・小樽運河にて】

f:id:shirokumapanda:20190412224213j:plain

【訪問日:2019.02.16】