ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

せたな町 奇岩ロードの釣の澗にイッテミル

f:id:shirokumapanda:20190307234812j:plain

ここはせたなの奇岩ロード、大成地区の地区の奇岩ロード。
奇岩と断崖と海岸と、そして連なる隧道と。秘境感を感じるせたなの追分ソーランライン。

 

f:id:shirokumapanda:20190307234806j:plain

マンモス岩、タヌキ岩から、さらに北方面には知らせたところ。

f:id:shirokumapanda:20190307235913j:plain

ツラツラ洞窟の看板(?)付近は、何がなんだかよく分からず。

f:id:shirokumapanda:20190307234823j:plain

どこ?

このあたりも写真で見るよりも実物のほうが秘境感が高くって。落ちていきそうな崖肌の迫力がさらに秘境感を増していて。

f:id:shirokumapanda:20190307234818j:plain

そこにあるでっかい岩。このあたりも変わった岩があるけれど、ひときわ目立つでっかい岩。

f:id:shirokumapanda:20190307235919j:plain

奥の岩ね

その岩はぽっかりと穴が開いていて。天気がよければ青い海が広がって見えて。

f:id:shirokumapanda:20190308000229j:plain

これが奇岩・釣の澗。

f:id:shirokumapanda:20190308000224j:plain


あまりにも道路脇過ぎて、そして堤防が高すぎて、穴があまりよく見えないので、先に知ってから出ないと通り過ぎてしまう可能盛大。まあ、通り過ぎたところで、気がつかなかったところで、人生に何ら支障はなさそうだけど。

ぽっかりんこと開いた穴から、青い海を眺められるときれいだろうけれど、この日はとっても曇り空。

f:id:shirokumapanda:20190308000245j:plain

海側から見ると、ぽっかりとした穴の開き方が見えそうだけれども、穴から見えるのは崖と堤防と思うと残念感。道幅も狭く岩もでかいので、なかなか穴と岩の全景を収めることは難しそうで。

f:id:shirokumapanda:20190307235907j:plain

さて、このあたりの秘境感も、せたなの町の魅力のひとつ。

f:id:shirokumapanda:20190307234759j:plain

何かの名前が付いていそうな岩が他にもあるけれど、看板も何もないのでよく分からず。

ここはせたなの奇岩ロード、奇岩と隧道と断崖と、そして時には廃道と、それらが連なるソーランライン。

f:id:shirokumapanda:20190307235858j:plain

この岩の前に駐車するのは避けたほうがよくって。道幅も狭いしカーブの途中。ちょっと南側のスペースに、ぽこんと停めて歩くのがいいと思う。
わざわざ見る岩かというと、どうかとも思うけれど。

でも海側を注意しながら車を走らせていると、堤防の上からぽっかり見える穴と海。気がつくと、ひじょうに気になるでっかい奇岩・釣の澗。

 

【場所】


【せたな町 奇岩ロードの釣の澗】

f:id:shirokumapanda:20190307235902j:plain

【訪問日:2018.07.21】