ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

小樽市 雪の夜の、青き流れの小樽運河

f:id:shirokumapanda:20190117235310j:plain

冬の小樽は雪の街。小樽の運河は白景色。夜になったら青景色。「小樽雪ものがたり」は、夜の小樽運河を青く照らし、白い雪も青く照らす。夏とは違う夜景を写す、冬の小樽の雪のロマン。

昼間の運河はいつもと変わらず。冬のつめたい空に包まれた、白い雪が厚く積もる静かな静かな運河。

f:id:shirokumapanda:20190117235059j:plain

f:id:shirokumapanda:20190117235055j:plain

冬の運河は日没とともに姿を変える。

f:id:shirokumapanda:20190117235328j:plain

ほんとかなぁ

うん、待ってみようね。

f:id:shirokumapanda:20190117234214j:plain

暗くなってくると、ほら。青い光が運河に沿って。暗くなればなるほどに、さっきとは違う世界がやってくる。

f:id:shirokumapanda:20190117234745j:plain

ほんとだー

日が落ちると青い光でライトアップされて、人工的ではあるけれど、幻惑的な運河模様に様変わり。揺らめく水面に反射する光もいっそうと美しく。

f:id:shirokumapanda:20190117235324j:plain

あかるーい

10,000球の灯が小樽運河を青く染め上げる。運河だけじゃない。降り積もる雪もまた、青白く照らされて。
運河の中を走るクルーズ船も青く光り輝きながら、滑るように進んでいく。

f:id:shirokumapanda:20190117234157j:plain

おふねのりたい

今日はムリ。すごい並んでるもん。

さて、いまここにいるのは、運河プラザ側の中央橋。向こうの橋が浅草橋。

f:id:shirokumapanda:20190117234210j:plain

へぇー

あっちまで行ってみようね。

f:id:shirokumapanda:20190117235319j:plain

うん

橋と橋のあいだの運河沿い、歩いてしまえば10分もかからない。でもここは冬の小樽。降り積もった雪が凍り、時には雪深いところもあり。でも、あっさり歩ききってしまうにはもったいないような雰囲気で。

f:id:shirokumapanda:20190117235315j:plain

「ゆっくりいこうね」「うん」

f:id:shirokumapanda:20190118000801j:plain

運河全体が光り輝いているようで、そこはきらめきの世界。夏場の運河夜景とは違う世界が、ここには広がる。舞い落ちる雪も青の光に照らされて、青い光の乱反射。

f:id:shirokumapanda:20190117234737j:plain

雪も降ったりやんだりと、この日は移り変わりも激しくって。

f:id:shirokumapanda:20190118000203j:plain

ついちゃった

いがいとあっさりたどり着く、反対側の浅草橋。実は、こちらの橋のほうが人気スポット。

f:id:shirokumapanda:20190118000200j:plain

「いってみよぅ」「うん」

f:id:shirokumapanda:20190117234937j:plain

みえるかな

水面に映える青の光と灯の光。ゆらゆらとゆらめいて、幻を見ているかのようで。

f:id:shirokumapanda:20190117235113j:plain

「すごいね」「ね」

お客さんも入れ替わり立ちかわりの記念撮影スポットで。端っこのほうは空いていたり。

f:id:shirokumapanda:20190117234729j:plain

こっちもきれいだよ

この日はたまたまかもしれないけれど、18:30ごろを過ぎたら一気に人が少なくなって。

f:id:shirokumapanda:20190117235104j:plain

まんなかいこー

f:id:shirokumapanda:20190117235108j:plain

ぱしゃり

みんなご飯食べに行ったのかもね。

f:id:shirokumapanda:20190118000806j:plain

f:id:shirokumapanda:20190117234733j:plain

「おなかすいた」「ぼくも」

冬の小樽の青い運河。幻惑的で魅力的で。寒いけれども、見とれてしまう。寒さはしみるけれども、見とれてしまう。

f:id:shirokumapanda:20190118000153j:plain

町並みの明かりなんかも、ゆっくりあったかいところでご飯を食べていたりしてそうで。
そろそろ帰ろうか。

f:id:shirokumapanda:20190118000149j:plain

うん

f:id:shirokumapanda:20190118000756j:plain

「ばいばい」「またね」

小樽ゆきものがたり』の「青の運河」は2/7まで。日没~22:30での開催。小樽は駐車場が少なめで割高だけれども、値段よりも空いてるところ、近いところを優先したほうがよさそうな気が。

【場所】


【小樽市 小樽雪ものがたりの青の運河】

f:id:shirokumapanda:20190118000156j:plain

【訪問日:2018.01.13】