ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

森町 鳥崎八景その③の二見ヶ滝

f:id:shirokumapanda:20200604232458j:plain

ダンボーとさすらい歩く北海道、平成最後の秋の11月の上旬に訪ねてみたのは、森町の鳥崎渓谷での鳥崎八景めぐり。八景のその③にあたるのが二見ヶ滝。

f:id:shirokumapanda:20200604232448j:plain

 紅葉もほぼほぼ終わりを迎えていた森町の鳥崎渓谷。鳥崎八景その②となる屏風崖からさらに奥へと。屏風崖をすぎてしばらくすると、道路の道幅もぐんと狭くなり、うねり曲がるカーブの量も増えてくる。
高い崖に囲まれているからか、場所による日当たりの違いにもちょっと驚いたり。

f:id:shirokumapanda:20200604232544j:plain

屏風崖から奥に進むこと約1キロ。姿を見せてくるのは鳥崎八景その③の二見ヶ滝。
深い樹林の中で、二股に分かれた滝が静かに流れ落ちる場所、らしいけれど、静か過ぎて。

f:id:shirokumapanda:20200604232505j:plain

滝という豪快さは無く、ただちろちろと水が岩肌を滑り落ちてくる。そんな印象。この日が特別ということでもなく、1年を通じて水量は少ないらしい。

f:id:shirokumapanda:20200604232531j:plain

20~30mほどありそうな高い崖の上のほうから流れてきて、落ちてくる水の先は土手のような塀の向こう側。このあと滝は道路の下を通って、鳥崎へと流れ込むらしい。

f:id:shirokumapanda:20200604232511j:plain

雨の後とか、春先だともうちょっと迫力はあるかもしれないけれど、滝という言葉のイメージと違いすぎちゃって。

f:id:shirokumapanda:20200604232538j:plain

もう少し早い時期だと、もっときれいに見られるのかもって。

f:id:shirokumapanda:20200604232524j:plain

この二見ヶ滝。看板のある滝の下のあたりに車が停められそうなスペースがありますが、そこは停めない方がいいです。抜け出せなくなるとひやりとするほど、ぬかるんでます。
車を付近に停めるときは、看板を過ぎたところにある電柱付近のスペースか、もう少し行ったところにある川側のスペースに停めた方が安心です。オススメなのは、後者です。

 


【場所】

 

 

【森町 鳥崎八景その⑤二見ヶ滝】

f:id:shirokumapanda:20200604232551j:plain

【訪問日:2018.11.04】