ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

北竜町 いろいろ花咲く「世界のひまわりコーナー」

f:id:shirokumapanda:20191226011326j:plain

ダンボーの北海道さすらいの旅。平成最後の夏、8月に立ち寄ったのは北竜町。7月下旬から8月中旬にかけてひまわりの花に囲まれる、ひまわりの街。

f:id:shirokumapanda:20191226011422j:plain

平成の始まりとともに誕生した「ひまわりの里」は、約23ヘクタールの丘に広がるひまわり畑。当初はそこまで大きかったわけではないけれど、いまは日本最大級とも呼ばれるひまわりの聖地。

f:id:shirokumapanda:20191226011353j:plain

「ひまわりの里」の一角に、開園からひと足遅れる平成3年に誕生したのが「世界のひまわり」コーナー。ひまわり迷路の前菜のように、ひまわりが咲き誇る丘の一歩手前に広がるお花畑。

f:id:shirokumapanda:20191226011405j:plain

そこは普段見かけないような、赤い色のひまわりや、黄色は黄色だけれども一風ことなるひまわりが、あれやこれやと咲いているコーナー。

f:id:shirokumapanda:20191226011410j:plain

f:id:shirokumapanda:20191226011347j:plain

本数はすごく多いというわけではないけれど、種類は多種多様。

f:id:shirokumapanda:20191226011311j:plain

「何が違うの?」というひまわりから、「なんだこれ?」というひまわりまで。

f:id:shirokumapanda:20191226011303j:plain

変わった姿のひまわりが立ち並ぶコーナー。

f:id:shirokumapanda:20191226011400j:plain

もともとは、景観美と健康食品としての可能性に魅せられて作付けが始まった北竜町のひまわり畑。世界のひまわりコーナーは、景観美に特化したように様々な姿が展示される場所。

f:id:shirokumapanda:20191226011340j:plain

f:id:shirokumapanda:20191226011416j:plain

この世界のひまわりコーナーは、北竜町の中学校の生徒さんが栽培しているというお花畑。ほんとうに町全体でひまわりを育てているような北竜町。

f:id:shirokumapanda:20191226011334j:plain

ひまわりの里は「ひまわり祭りの」期間中は、広い建物の中で、軽食コーナーやお土産やさんも営業していたりもする。

f:id:shirokumapanda:20191226011428j:plain

暑くてすぐにテロンテロンになっちゃったけれども、そこで売ってるひまわりソフト。ひまわりの種が練りこまれている、ナッツ系の香ばしさがおいしいソフトクリーム。

f:id:shirokumapanda:20191226011434j:plain

ハムスターも喜びそう。


【場所】

【北竜町 ひまわりの里の世界のひまわりコーナー】

f:id:shirokumapanda:20191226011319j:plain

【訪問日:2019.08.12】