ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

壮瞥町 洞爺湖園地の小さな藤

f:id:shirokumapanda:20190630234412j:plain

ダンボーと巡り歩く北海道の観光スポット、6月の上旬に向かってみたのは洞爺湖の一角。洞爺湖八景のどっか一箇所くらい行ってみようと思いながら、そうじゃないところに立ち寄り。

 f:id:shirokumapanda:20190630234404j:plain

洞爺湖園地の藤棚というと、洞爺湖の北側にあるのが有名らしく。そこは、いわゆる「向こう洞爺」と呼ばれるあたりでもあり、浮見堂よりもさらに北側、「とうや水の駅」の近くにあるらしい。

f:id:shirokumapanda:20190630234353j:plain

けれども今回行ってみたのは南側。なんとなく駐車場に車を停めたら、目の前に藤っぽい花が見えたので、ちょいと立ち寄り。
洞爺湖の周りには「洞爺湖園地」名称の広場や公園、そして公設駐車場がいろんなところにあって、そのそれぞれが何かしらの特徴を持っていそう。

f:id:shirokumapanda:20190630234346j:plain

この場所の場合は藤の花。花自体はだいぶ散り落ちているようだけれども、それでもまだしっかりと花の房がぶら下がっていて。

f:id:shirokumapanda:20190630234332j:plain

まだまだこれから咲きそうなところもありで、意外ときれい。

f:id:shirokumapanda:20190630234340j:plain

藤棚と呼んでいいのかどうかもわからないけれど、たぶん藤っぽい花が咲いているから藤棚でいいんだと思う。

f:id:shirokumapanda:20190630234300j:plain

夕方時の洞爺湖畔で、夕日を浴びてぶら下がる藤の花。洞爺湖の湖面もまた夕日を浴びて赤みを帯びて。

f:id:shirokumapanda:20190630234359j:plain

日がしずむよ

f:id:shirokumapanda:20190630234307j:plain

f:id:shirokumapanda:20190630234314j:plain

特段観光名所としてあげられている場所ではないけれど、藤の花がしっかりと咲いていれば、おまけのような観光スポット。

f:id:shirokumapanda:20190630234417j:plain

しずんじゃうね

f:id:shirokumapanda:20190630234423j:plain

他のとこにもいってみよう

f:id:shirokumapanda:20190630234251j:plain

そろそろほんとに夕日が落ちちゃう。。


【場所】

 


【壮瞥町 洞爺湖園地の一角にて】

f:id:shirokumapanda:20190630234326j:plain

【訪問日:2019.06.09】