ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

えりも町 名前の響きに心惹かれる悲恋沼

 f:id:shirokumapanda:20190508224940j:plain

えりも町の襟裳岬を越えて胆振側から十勝側へ。北海道の右側にわたったところにあるのが小さな湖、悲恋沼。

 

f:id:shirokumapanda:20190508224712j:plain

北緯42°地点の標識が立つ駐車場。北緯42°ということは乙部町の42°岬と同じような北緯線。

f:id:shirokumapanda:20190508224715j:plain

乙部町もこのあたりだね

この駐車場から海側に続く細い路を歩いていけば百人浜、山側方面へと向かうような小路に入っていけば、そこにあるのが悲恋沼。

f:id:shirokumapanda:20190508224724j:plain

いってみよー

悲恋沼。漢字で書いた言葉の響きがなんとも心が惹かれそうな場所。

f:id:shirokumapanda:20190508224936j:plain

悲恋沼の周りには遊歩道の木道が続いていて。草をかき分けるような道ではないけれど、ところどころ注意が必要で。

f:id:shirokumapanda:20190508224933j:plain

「あぶないね」「ね」

古びてしまったのか、木道はちょっとあぶなかしくて。夏にはホタルが飛びかうらしいけれど、懐中電灯を持って照らして歩かないと、確実に危ない。

f:id:shirokumapanda:20190508225342j:plain

「わ!」

f:id:shirokumapanda:20190508225338j:plain

「びっくりした。。。」「だいじょうぶ?」

遠くに見える山を見ながら歩いていくと、5分も歩けばそこが目指す悲恋沼。

f:id:shirokumapanda:20190508225120j:plain

水面が静かにゆらぐ悲恋沼。季節によっては野鳥が多く飛んでくるとも言われる小さな沼。

f:id:shirokumapanda:20190508225128j:plain

春だというのに、まだ緑よりも秋口に近いような4月の中旬の草木の色合い。でも悲恋沼という名称からはこちらのほうが雰囲気がありそうで。

f:id:shirokumapanda:20190508225116j:plain

春の芽吹きが始まりかけた頃ではあるけれど、木々の葉っぱは春には程遠かったけれど。

f:id:shirokumapanda:20190508224925j:plain

鳥たちが集うためか、バードウォッチング用と思われる展望所も準備されてはいるけれど、かなりささくれ立ったベンチや板張りが痛々しくも見えて。

そんな感じの悲恋沼は、夕景の名所としても知られているようだけれども、それを知ったのは帰ってきてから。ちょうど夕日の頃だったのに、あまり多くの時間を避けなかった。

f:id:shirokumapanda:20190508224929j:plain

「意外にちっちゃいね」「ね」

f:id:shirokumapanda:20190508225131j:plain

この沼には伝説があってね。。。

 

時は江戸時代、3代将軍家光の後を家綱が継ぎ10年ほどの年月が流れた寛文年間の頃。
ここに住まう和人の男「久作」と日高アイヌの少女「ピリカ」は人知れず恋におち、逢瀬を重ねるようになっていたそうな。

そのころこの地でアイヌ同士の争いが起きてしまい、久作は蝦夷の地を離れて内地へと戻らねばならなくなったという。

この世では結ばれぬ運命なれど、来世では必ずや。叶わぬ恋を嘆きながらも、ふたりはそう誓い合い、久作は蝦夷の地を後にしていったという。

久作が乗る舟を泣きながら見送っていたマエラは、舟の姿が見えなくなっても、次の日もそしてまた次の日も、舟の消えていった彼方を眺めながら、浜辺で泣き続けておったそうな。

ある日、涙を流していたマエラの姿が浜辺から消え去ってしまったかと思うと、なぜかぽっかりとこの沼が現れていたという。

このとつぜん現れた沼はマエラが流した涙の化身として言い伝えられ、いつのころからか「悲恋沼」と呼ばれるようになったそうな。

 f:id:shirokumapanda:20190508225345j:plain

 そんな悲しい物語を湛えている悲恋沼。

f:id:shirokumapanda:20190508225401j:plain

また会おうね

f:id:shirokumapanda:20190508225331j:plain

うん

そういう謂れを知ってみるか知らずに見るか、それによっても受ける印象は変わってきそうな、ぽつんと小さな青い沼。

f:id:shirokumapanda:20190508225334j:plain

「かなしいね」「ね」


【場所】 

 

【えりも町 悲恋沼】

f:id:shirokumapanda:20190508225123j:plain

【訪問日:2019.04.21】