ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

北竜町 ラスボスが潜んでそうな道の駅にイッテミル

f:id:shirokumapanda:20190301015518j:plain

北竜町の道の駅、サンフラワー北竜。そこは、温泉・宿泊施設も併設された規模の大きな道の駅。
店内のお土産ショップも充実していて、敷地内の農産物直売所の「みのりっち北竜」も北竜町の味わいと買い物を楽しめる場所。

f:id:shirokumapanda:20190301015353j:plain

ん?

そんな、道の駅の入り口にあたる門。その名は北竜門。
そこで出会えるラスボス的なオブジェクト。

f:id:shirokumapanda:20190301015357j:plain

でっかい竜が待ち構える。

f:id:shirokumapanda:20190301015349j:plain

きゃぁあああ

f:id:shirokumapanda:20190301015301j:plain

なんて感じの北竜門。青い2頭の竜が待ち構えて、みんなが来るのを待っている。

f:id:shirokumapanda:20190301015257j:plain

その姿はかなり大きくて。中国風かJRPG風というか。竜って三次元化すると、妙に細身の体に感じる。

f:id:shirokumapanda:20190301015252j:plain

近くで見ると、その姿はちょっと残念な色合いになりかけているけれど。

f:id:shirokumapanda:20190301015345j:plain

べろー

うん、やっぱり残念な色合いに変わりつつあり。遠くから見ると感じないんだけど...。

f:id:shirokumapanda:20190301015523j:plain

街路灯に付いているひまわり、「どしたん?」と覗き込んでくるような感じで、なんかかわいらしい。

この北竜門、歩道橋のように上に登ることもできて、そこは小さな展望台。見える世界は、北竜町の農耕地帯。あそこでつくったものが、みのりっちへ運ばれたりするのかな。

f:id:shirokumapanda:20190301015528j:plain

広がるのは畑か田んぼか、わからないけれど。広がる風景は山すそへと広がっていく農作地帯。あまりひまわりは見当たらないという。

f:id:shirokumapanda:20190301015308j:plain

それにしてもでっかい。

f:id:shirokumapanda:20190301015401j:plain

またね

【場所】


【サイト】

www.hokkaido-michinoeki.jp


【北竜町 サンフラワー北竜の北竜門】

f:id:shirokumapanda:20190301015313j:plain

【訪問日:2018.08.12】