ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

函館市 海に落ちるという「古部大滝」にイッテミル

f:id:shirokumapanda:20190206011007j:plain

函館市の古部。そこに流れる古部大滝は海に直接流れ落ちる40mほどの滝。弧を描くように流れ落ちるその姿は、なかなかすごそう。

鹿部方面から海沿いの恵山国道を椴法華方面に向かう道。狭い滝の沢トンネルと、長い銚子トンネルのあいだにある、ほんのちょっとの距離の覆道。その海が見える覆道の路肩に車を停めて外に出る。

椴法華方面に目をやると、

f:id:shirokumapanda:20190206010119j:plain

ものすごく興味がわくけれど...入っちゃいけなそうな道。
振り返って鹿部方面に目を向けると、

f:id:shirokumapanda:20190206010951j:plain

海に面した覆道の向こう側、崖から海の方へと向かって落ち出る水の流れ。

f:id:shirokumapanda:20190206011002j:plain

滝だー。

覆道沿い、トンネル沿いに滝の方へと向かってみる。

f:id:shirokumapanda:20190206010330j:plain

歩きやすいのは道路だけれども、飛ばしてくる車がちょっとこわい。たぶん、歩いていたら運転手もびっくりする。

f:id:shirokumapanda:20190206010957j:plain

車道からちょっと外れた歩道的な細いアスファルト道をゆっくりと。覆道の外に出て緑の上を歩いても特に問題はなさそうだけど、この日の雨にぬれた草の上は、あまり歩きたくなくて。

f:id:shirokumapanda:20190206010115j:plain

覆道が隧道へと変わる頃。

f:id:shirokumapanda:20190206010110j:plain

かなり滝が近づく。

f:id:shirokumapanda:20190206010106j:plain

けっこうちかーい

そこまでいくと、覆道横の歩けそうな草っ原もなくなって、海の岩場に近づいて。

それにしても、隧道うえの岩崖は、崩れて落ちてきそうな迫り出しかたで。

f:id:shirokumapanda:20190206010340j:plain

このあたりが気楽に近づける限界点。ここまで近づいても、海に直接落ちる様子は伺えず。ちょうど岩場の影に隠れてしまっていて。

f:id:shirokumapanda:20190206010350j:plain

もっと近づくには、ところどころぽっかりと穴の開いたコンクリート斜面を注意しながら歩いていって、波に濡れるのを覚悟して、崩れそうな岩場を歩いていく必要が。
行ってみたくもあるけれど、今回はここまでだね。この場所からでも、轟々と落ちる姿の迫力を感じられる滝。

さて、古部大滝を見に車でいった場合、駐車は小型車2台分が縦列駐車するくらいの、ほんとうに道路脇の路肩。後続車に注意しながら、そして通行の妨げにならないように注意が必要です。トンネル出入口の直前なので、けっこう危ない。場合によってはいちど素通りして戻る必要があるかも。グーグルマップのストリートビューでの予習が必要かも。

観光地となっても不思議じゃないような滝だけれども、そんな雰囲気は感じられず。崖崩れや落石も多そうで、そのあたりも難しいのかな。

f:id:shirokumapanda:20190206010335j:plain

またこんどね...

この滝も、いつの日か見れなくなっちゃうかもしれないね。

 

【場所】


【函館市 古部大滝】

f:id:shirokumapanda:20190206010100j:plain

【訪問日:2018.08.15】