ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

室蘭市 祝津公園展望台から夜景を見にイッテミル

f:id:shirokumapanda:20190201224828j:plain

室蘭港をまたいで渡る白鳥大橋。室蘭市にはいくつかのビューポイントがあるけれど、祝津公園展望台も、その中の有数な場所のひとつ。

白鳥大橋展望台は、対岸へと伸びていく白鳥大橋を眼前に眺めることができるところ。
対して祝津公園展望台は、祝津のループから含めて、室蘭港対岸の向こうへと伸びていく白鳥大橋を眺められる場所。

祝津公園に向かう道は上り坂。でも夜でも真っ暗ということはなく。

f:id:shirokumapanda:20190201225432j:plain

坂の上の祝津公園の展望台の目の前までは車で行くことも可能。展望台の目の前には数台停められる無料駐車場があるのでそこに駐車。そこから十数段の階段を上れば、そこが展望台。

f:id:shirokumapanda:20190201225436j:plain

ついたー

なお駐車場はけっこう暗めなので、車で行った時は段差に注意。ガリガリガリとやっちゃわないように。

f:id:shirokumapanda:20190201225345j:plain

室蘭港をまたぐライトアップされた白鳥大橋が、JXの工場群の夜景の中へと伸びていく。その様子をみおろす展望台。

f:id:shirokumapanda:20190201224834j:plain

さすがに真っ暗になると見えないけれども、その背後には室蘭だけをはじめとした山々も連なっていて。
JXの工場群、そして道の駅みたらのそばで回る風車もよく見える。
ちなみにちょっと見える道路に下向きに停めれば、車に乗ったままでも夜景を見ていられる。

f:id:shirokumapanda:20190201225353j:plain

いつまで見れるかわからない、近いうちに見れなくなるであろう光り輝くJXの工場群も、対岸には灯っていて。

f:id:shirokumapanda:20190201225444j:plain

「みれなくなるの?」「閉鎖するみたいよ」

祝津展望台は小高い丘のてっぺんで。室蘭港の外海からの風の流れが激しくて。ちょっと風が強いと、けっこう大変。

f:id:shirokumapanda:20190201224820j:plain

つり橋を通って行く車が静かに流れていく姿を見るのも、また楽し。

f:id:shirokumapanda:20190201225340j:plain

橋のまねっこー

外海のほうも見ることができるけれども、昼や夕方ならばともかくとして、夜は真っ暗。見るならどうしても白鳥大橋側に偏っちゃう。
JX、新日鉄住金、日鋼、そして函館ドックと連なる工場の灯もまた、夜の海に反射して。

f:id:shirokumapanda:20190201225440j:plain

夜景さん ばいばい

またいつか、光が消えちゃう前に来てみよう。

f:id:shirokumapanda:20190201224810j:plain

煙突もいつまで輝いてくれるのやら。

f:id:shirokumapanda:20190201225336j:plain

「さみしくなるかもね」「ね」

【場所】


【室蘭市 祝津公園展望台からの白鳥大橋】

f:id:shirokumapanda:20190201224814j:plain

【訪問日:2019.01.26】