ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

函館市 おぼろげではかなげな、古部・白糸の滝

f:id:shirokumapanda:20190121224931j:plain

函館市古部。聖夜の滝から海岸沿いの恵山国道を椴法華方面へ歩いて5分ほど。波の音を聞きながら、海と断崖に挟まれた道を歩いていくと、たどり着くのが獅子鼻岬を潜り抜ける、獅子鼻トンネル。

f:id:shirokumapanda:20190121224942j:plain

その獅子鼻トンネルの入り口脇に、さらさらと細く薄く流れ落ちる水の流れ。

f:id:shirokumapanda:20190121224938j:plain

滝があるよ

道路に迫ってくるような崖から落ちてくる水の流れが白糸の滝。
車で通っていると気付かずに通り過ぎてしまいそうな、細くて薄い滝の流れ。

f:id:shirokumapanda:20190121224948j:plain

滝の始まり部分は水の流れが多そうだけれども、落ちていくにつれて霧のようにさらさらとしたものになって。

f:id:shirokumapanda:20190121224838j:plain

滝の落ちる先を見れば水が落ちていることがわかるけれども、光の当たり方によっては消えてしまっているようにも見えて。

f:id:shirokumapanda:20190121224834j:plain

ほそーい

ちょっと強い風が吹けば、四散して消えてしまいそうな水の流れ。風が吹けば滝の流れが右に左に揺らめいて、強い風が吹けば途中で雲散霧消し幻と消えそうな滝。水の落ちる先は風まかせ。そんな滝。

f:id:shirokumapanda:20190121224842j:plain

高さは20メートルほどはあるようで、その水が風がなければ池のような滝つぼへと降りまかれて。霧のような雫が滝つぼに降り注いでいて。

何かに似てるような気がして見ていたけれど、そうかと気がついたのが、修行ができる滝。というか身を清める滝。

f:id:shirokumapanda:20190121224829j:plain

こんな感じ?

やわらかな感じなので、天然のシャワーにもなりそうだし、滝つぼまで降りれば滝の裏側から海景色を見ることもできそう(かっぱとか長靴必須だろうけれど)。

駐車スペースのような空間はあるけれど、あくまでもそこはただの空き地。1・2台停められるかどうかという感じの場所。

風に揺らめく、はかなくおぼろげな薄い滝、それが函館古部の白糸の滝。

f:id:shirokumapanda:20190121224923j:plain

滝さん、またね

冬になったら、水滴が凍りついていそうだけれども、どうなんだろね。氷の柱ができていたり、しないのかな。


【場所】


【函館市 古部・白糸の滝】

f:id:shirokumapanda:20190121224846j:plain

【訪問日:2018.08.15】