ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

蘭越町 貝と貝と貝に囲まれる貝の館へ

f:id:shirokumapanda:20190120225032j:plain

蘭越町の海沿いの道の駅、シェルプラザ・港。その横のほうに建っている白い建物が貝の館。約1500種、5000個の貝の標本等が展示されている、貝専門の展示館。

 

貝の標本がいっぱいある中で。

f:id:shirokumapanda:20190120225040j:plain

ものすごく目立っているのが、中央のこれ。

f:id:shirokumapanda:20190120225049j:plain

なんでイカ?

ダイオウイカとははやってたからじゃない?
なんて思ってたら、昔の貝の模型みたい。

f:id:shirokumapanda:20190120225058j:plain

チョッカクガイ。アンモナイトとかそんな頃の貝らしく。こんなの目の前に出てきたら、しゃれにならん。でも、深海のどこかで生きてないかな...
f:id:shirokumapanda:20190120224920j:plain

展示室は、どこを見ても、貝、貝、貝。いろんな色、いろんな形の標本が並んでいて。似たものもいっぱいあるけれど、ゆっくり見る時間が無かったのが、残念で。 

f:id:shirokumapanda:20190120231657j:plain

ホタテ貝に描かれたメッセージの回廊を通って奥へ進むと。

そこはちょっとした海底風味のジオラマ空間。

f:id:shirokumapanda:20190120224924j:plain

海の底を模した空間はリアルとはいえないけれど、雰囲気があって。

f:id:shirokumapanda:20190120224928j:plain

そしてその脇にはクリオネの水槽が。

f:id:shirokumapanda:20190120224500j:plain

何匹ものクリオネがぷかぷかと浮いて動き回っていて。

f:id:shirokumapanda:20190120224505j:plain

さわれそう

f:id:shirokumapanda:20190120224936j:plain

てをのばせば

f:id:shirokumapanda:20190120224455j:plain

もうちょっと...

f:id:shirokumapanda:20190120224932j:plain

にげちゃった...

ついついクリオネに夢中になっちゃって。気が付けば、もう閉店時間。
係員のお姉さんは「もうちょっとならいいですよー」と言ってくれたけれど、迷惑はかけられないので帰路に。

f:id:shirokumapanda:20190120225109j:plain

なんかいわくありげなものを最後に...。
なお、冬場は閉館中とのこと。

【場所】

【サイト】

https://www.town.rankoshi.hokkaido.jp/kainoyakata/index.html


【蘭越町 貝の館のクリオネ】

f:id:shirokumapanda:20190120224509j:plain

【訪問日:2018.08.26】