ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

増毛町 胸に突き刺さる言葉いっぱいの増毛駅

f:id:shirokumapanda:20190120005312j:plain

夏のある日、小雨模様のある日。漁業の町の田舎町。小さいけれども人でにぎわう駅のホーム。

f:id:shirokumapanda:20190120005402j:plain

汽車、まだかな

こないね。
線路、歩いちゃおっか。

f:id:shirokumapanda:20190120010354j:plain

せーんろはつづくーよー

f:id:shirokumapanda:20190120005308j:plain

どーこまーでー

f:id:shirokumapanda:20190120010350j:plain

も...?

ここ、終点だから。反対側行かなくちゃ。

f:id:shirokumapanda:20190120010314j:plain

せーんろはつづくーよ

f:id:shirokumapanda:20190120010308j:plain

どーこまーでー

f:id:shirokumapanda:20190120005352j:plain

もういけないよ

ここは増毛町の増毛駅。留萌からつながる線路の終着点。

f:id:shirokumapanda:20190120005320j:plain

ぞ、う...

留萌からやってきた列車はここで終点。Uターンして向きを変えるのではなくて、折り返してそのまま留萌へと戻っていった駅。

f:id:shirokumapanda:20190120010300j:plain

ましけ。増毛...!



f:id:shirokumapanda:20190120010256j:plain

...

こっちみんな。

f:id:shirokumapanda:20190120010358j:plain

ゆびさすな。

f:id:shirokumapanda:20190120010401j:plain

おこられたー

留萌からつながっていた線路は、いまはもう廃線。駅も廃駅。でも駅舎は残されいて、お土産やさんなんかが入っていてお客さんがいっぱいいる駅。さながら、道の駅のようでもあって。

f:id:shirokumapanda:20190120005414j:plain

こないの

お客さんと車はいっぱいだけれども、汽車も列車も、2度と入ってくることが無いホーム。しっかりと残っているからか、余計に寂しさが。

f:id:shirokumapanda:20190120005357j:plain

石もごろごろ、赤茶けて錆び付いていて。

f:id:shirokumapanda:20190120010304j:plain

草花もしげっている線路道。壊されることなく残されている2本のレール。留萌に続く2本のレールは、いまも多くが残されている。

列車は来なくなったけど観光スポットとしてはいまもひとが集まってきて、昔の賑わいを思い出させる旧・増毛駅。

f:id:shirokumapanda:20190120010713j:plain

たこざんぎー

お土産やさんで売ってる熱々のタコザンギ。おいしいけれど、ひとりで食べるのには量が多い...。爪楊枝2本あるあたり、一人で食べることは想定してなさそう。

f:id:shirokumapanda:20190120005316j:plain

ばいばい、増毛さん。

その言い方、やめなさい。

 

f:id:shirokumapanda:20190120010346j:plain

なんかいた

忘れ物か、駅の持ち物か、ビミョーなところ。


【場所】


ま【増毛町 旧増毛駅にて】

f:id:shirokumapanda:20190120005408j:plain

【訪問日:2018.08.12】