ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

せたな町 立象山展望台の晴れていればの絶景感

f:id:shirokumapanda:20181208032144j:plain

せたな町は立象山公園にある立象山展望台。そこは三本杉岩を眼下に見下ろす高台にある展望台。せたな町瀬棚地区を一望できる場所でもあり、天気がよければ海の遠くに奥尻島を眺めることもできる場所。

展望台は、山を回りこむように進んでいって、傍まで車で行くこともできるし、ふもとにある事比羅神社の脇のほうから急な坂道を歩いて登ってたどり着くこともできる。

f:id:shirokumapanda:20181208032130j:plain

あっ

海側を見下ろすと、三本杉岩の姿を見ることができて。
でも、ぽつんと離れた1人の全貌は、なかなか角度的に見ることができず。これだといわゆる夫婦岩っぽくて。

三本杉岩の三人をまとめてみるにはなかなか難しく。徒歩で登る登山道の途中から見下ろすと三人まとめてみることができるらしいけれど。

f:id:shirokumapanda:20181208032126j:plain

さっき、あそこいた


この展望台。二階は窓越しに景色を見る形式だけれども、屋上に出るとそこはさえぎるもののない絶景展望所。

f:id:shirokumapanda:20181208032139j:plain

島牧村方面に向かう北側も。

f:id:shirokumapanda:20181208031936j:plain

瀬棚地区の農村風景の山側も。

f:id:shirokumapanda:20181208032135j:plain

風車がならぶ南側には、日本で初めてつくられた洋上風力発電風車もあるらしい。

f:id:shirokumapanda:20181208031932j:plain

あれ、あれ

そして見下ろす三本杉岩。砂浜から見上げたときとはうって変わって、眼下遠くに見える姿は小さめで。その姿は波風にさらされながらも、静かに支えあい、耐え忍び、助け合う夫婦岩のよう。

f:id:shirokumapanda:20181208031928j:plain
砂浜で見た荘厳感はそこにはないようで。
工事をしているローソク岩付近がちょっと残念風景ではあるけれど。

ここから眺める夕日もまた、美しいような気がするけれど。砂浜から見るか、こちらから見るか、迷うところでも。

f:id:shirokumapanda:20181208031939j:plain

ばいばい

【場所】

【せたな町 立象山展望台にて】

f:id:shirokumapanda:20181208031943j:plain

【訪問日:2018.7.21】