ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

壮瞥町 洞爺湖から流れおちる壮瞥滝にイッテミル

f:id:shirokumapanda:20181101003215j:plain

洞爺湖から唯一の流れ出る川が壮瞥川。
その壮瞥川の水が垂直に落ちる場所が壮瞥滝。
半分人工的な滝らしいけれども、その迫力は大きいという。

 駐車場は整備されている感じではないけれど、数台は停められる。

f:id:shirokumapanda:20181101003649j:plain

滝の看板から川べりのほうへと足を進め、小さな橋を渡りながら川に沿って林の中へと進んでいく。片側のみのてすりがなんとも不思議。

f:id:shirokumapanda:20181101003056j:plain

この川の上流に鎮座するのが壮瞥滝。

f:id:shirokumapanda:20181101003052j:plain

あっちにあるの

f:id:shirokumapanda:20181101003044j:plain

紅葉も終わりかけか、まだこれからか。

さて、樹林に囲まれた川沿いの小道は、昼間でも薄暗さを感じさせ。

f:id:shirokumapanda:20181101000354j:plain

徐々に川の流れが激しさを帯び、急流感を漂わせ。

f:id:shirokumapanda:20181101003040j:plain

同時に川の流れの水音のあいだに轟々と響く音が聞こえてくる。

ところどころの林の中には倒木が。

f:id:shirokumapanda:20181101003219j:plain

倒れた樹木がよりそう木々に支えられ。支えあう人という文字の謂れを思い出しながら、とぼとぼと上流へ。

壮瞥滝の脇を通る道道132号線の擁壁感が、人工的でちょっと残念ではあるけれど。

f:id:shirokumapanda:20181101003225j:plain

緑からあかへと変わりつつある樹木の間。落ち葉の積もる川沿い小道、とにかく音のする奥へ奥へと進んでいく。

f:id:shirokumapanda:20181101000350j:plain

あかいのあった

水の勢いが増す中を5分も歩けば、木々のあいだから滝の姿が見えてきて。

f:id:shirokumapanda:20181101003702j:plain

木道の先端が展望所。

f:id:shirokumapanda:20181101000403j:plain

いくよ

f:id:shirokumapanda:20181101000408j:plain

まってー

轟音の中、どんと姿を現す壮瞥滝。

f:id:shirokumapanda:20181101003215j:plain

日差しが真上から差し込む時間のほうがいいのかな...

f:id:shirokumapanda:20181101003653j:plain

はやくおいでよ

落差は18メートル、幅は5メートルほど。
すごく大きい滝というわけではないけれど、思いのほか滝のそばまで近づける。

f:id:shirokumapanda:20181101003206j:plain

ちかづいてみよぅ

滝まで数メートル。傍で見られるためか、滝の大きさに比べて、それ以上の迫力を感じさせられて。

f:id:shirokumapanda:20181101000043j:plain

垂直に落ちてくる直瀑型の滝。

f:id:shirokumapanda:20181101000056j:plain

びしゃびしゃ

近づけば、もうそこは滝がつくる大粒の霧と風の中。
滝に作り出される冷風の勢いを感じられる場所は、他にはあまり無いような。

f:id:shirokumapanda:20181101000047j:plain

「すごいね」「ね」

もう水しぶきがすんごくて、ちょっといただけで、カメラもびしょびしょ。

f:id:shirokumapanda:20181101000100j:plain

ジャングルみたい

でもこうしてみると、孤島の奥地の滝のようにも見えてきて。
洞爺湖の水が轟と流れ込んできているかと思うと、ちょっと怖さを感じることも。

f:id:shirokumapanda:20181101000038j:plain

「ばいばい」「またね」



f:id:shirokumapanda:20181101000345j:plain

帰り道、川沿いを下っていくと、当然また橋に戻ってくる。

f:id:shirokumapanda:20181101003048j:plain

ここまで来ると、滝なんて無かったかのような穏やかな川の流れに変わっていて。
暗がりの林の中から、明るい世界へとゆったり静かに流れていく。

 

【場所】
【サイトとか】
【メモとか】

【壮瞥町 壮瞥滝】

f:id:shirokumapanda:20181101003210j:plain

【訪問日:2018.10.21】