ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

伊達市(大滝) 北湯沢の白絹の床にイッテミル

伊達市大滝。洞爺の奥の奥洞爺。渓流沿いに立ち並ぶ温泉郷が北湯沢。
到着したのは、すっかり日暮れ刻。
5分ほど前までは山と山の間から、夕暮れ気味の光が差し込んできていて山が金色に輝いていたのに。

 

f:id:shirokumapanda:20181031002550j:plain

「くらくなっちゃった」「ね」

 山際の裾野にすっかり隠れて、乗り越えてきた光が届くのみ。ちょっと日陰に入ると、暗くて大変。

それでも、北湯沢温泉周辺もすっかり紅葉が深くって。

f:id:shirokumapanda:20181031002554j:plain

あか、きいろ、みどり

f:id:shirokumapanda:20181031002558j:plain

あかいの、みどりの、きろいいの

もっと、光がほしかった...


さて。暗いけど大滝は白絹の床。北湯沢温泉を流れる長流川の一角。

f:id:shirokumapanda:20181031002706j:plain

川の水床が白くって、光が当たると反射で輝きそうな雰囲気。

f:id:shirokumapanda:20181031002545j:plain

この時間になると、かすかに感じる白い川床がみられるだけになったけど。
それでも白っぽい感じは伝わる。

川底は浅く流れも緩やかで、少しくらいなら歩くことができそうだけど。

f:id:shirokumapanda:20181031002650j:plain

はいる?

f:id:shirokumapanda:20181031002654j:plain

「かぜひくよ」「えー」

でも、いまはもう秋。絶対入ったら後悔確実。

f:id:shirokumapanda:20181031003025j:plain


黄色い落ち葉も赤い落ち葉もいっぱいで、

f:id:shirokumapanda:20181031002844j:plain

あかいの

f:id:shirokumapanda:20181031002840j:plain

よいしょ

f:id:shirokumapanda:20181031002836j:plain

ばいばい

ところでここは、無料の足湯場があって。
川で冷えた足を暖めるとも考えたけど、さすがにそれは...

f:id:shirokumapanda:20181031003132j:plain

とどかない...

高温から低温まで続く長い足湯場は、流しソーメンを思い出させて。

f:id:shirokumapanda:20181031003009j:plain

おいで

季節や外気温によるだろうけど、低温だとあったかめの水レベル。夏場でなければ高温でもいい感じ。

f:id:shirokumapanda:20181031003013j:plain

ここでもあったかーい

さて、真っ暗だし帰ろっか。

f:id:shirokumapanda:20181031003136j:plain

うん

 

f:id:shirokumapanda:20181031003128j:plain

まっくらー

f:id:shirokumapanda:20181031003021j:plain

こっちは まっかー

やっぱり、明るいうちにきたかったかな。

 

【場所】
【サイトとか】

奥洞爺温泉郷|白絹の床

北湯沢温泉郷 | NPO法人だて観光協会

【メモとか】
・「緑の風 リゾート きたゆざわ」前の駐車場が使えるっぽい。
・行ったときはタオルとかは置いてなかったので、持参するのがよろしいかと。

 

【伊達市(大滝) 日暮れの白絹の床にて】

f:id:shirokumapanda:20181031002700j:plain

【訪問日:2018.10.21】