ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

美瑛町 秋枯れの青い池(晩秋)にイッテミル

f:id:shirokumapanda:20181024233514j:plain

夏には夏の青い池。秋には秋の青い池。
そんな感じになってくれているんじゃないかと期待。

旭川経由ではなく、三笠から紅葉の山中を通って美瑛方面へ。時間計算では10時ごろには着けるかなと思いながら、寄り道が悪影響。

6月に行った時よりは駐車場(無料)が整備されて増えていたと思う。前に停めていたところとは違う駐車場(無料)を利用。

道の駅白金ビルケから向かった先で、いちばん最初に見えてきた青い池の駐車場へ。
こちらのほうが池に近い。10数段の階段を上ると、もうそこは青い池の一歩手前。

f:id:shirokumapanda:20181024232718j:plain

あおーい

枯れはじめた木々の間から青い池の端のほうが見え始めて。
なんとも雰囲気が違っている。お客さんはやっぱり多い。

f:id:shirokumapanda:20181024232714j:plain

あおいいけ ふしぎ

午前中に着く予定がもう正午過ぎ。2時間ほどの遅れ。
光の当たり方によってはくすんでいるけれども、それでも青い。

f:id:shirokumapanda:20181024232702j:plain

「あっちいく」「まって…」

池の入り口で写真を撮る人も多いけれど、少しばかりおくに進んだほうが木々の開けた場所に出るので、そこのほうが撮りやすい。

f:id:shirokumapanda:20181024232710j:plain

奥のほうに行くよ。

f:id:shirokumapanda:20181024232952j:plain

のぼれない…

f:id:shirokumapanda:20181024232956j:plain

風が落ち着いてくれると、さらに綺麗になりそうだけど、秋の涼風がそよそよと吹き続く。

f:id:shirokumapanda:20181024233506j:plain

落ちた枯葉の積もった池沿いの小道を歩きながら、黄色く赤茶けた木々を背後の青い池。

f:id:shirokumapanda:20181024233510j:plain

白い枯れ木も立ち並び、枯葉も舞い散る青い池。

f:id:shirokumapanda:20181024233457j:plain

雲の切れ目から時々顔を見せてくる、秋の日差しも心地よくて。池の反射も輝いて。

f:id:shirokumapanda:20181024233453j:plain

きれーい

枯葉がつもるほとりの小道を、ゆっくりゆっくりお散歩。
ときどき照らす日差しが強くて、お顔も真っ白。長袖でも、じわっと汗が。

f:id:shirokumapanda:20181024232949j:plain

緑に沈む青い池から、黄色に沈む青い池に変わっている。秋だなあ、やっぱり。

f:id:shirokumapanda:20181024234854j:plain

青い川の周辺も黄色と赤に溢れていたり。
黄色い丘のふもとを川が流れてくる。

f:id:shirokumapanda:20181024234120j:plain

川が流れていく先も、あたりまえに紅葉に溢れていて。

f:id:shirokumapanda:20181024234128j:plain

あっちのほうに滝が…

f:id:shirokumapanda:20181024234136j:plain

青空を映す池も美しく、

f:id:shirokumapanda:20181024234858j:plain

紅葉の木々も美しく。

f:id:shirokumapanda:20181024234140j:plain

紅葉あふれる丘を背にした青い池と、そこに連なる立ち枯れの木も美しく。
ときどき池が鏡のように変化して、水上世界を映し出す。

f:id:shirokumapanda:20181024233000j:plain

見続けていたいけれど、白ひげの滝に行くよ。

f:id:shirokumapanda:20181024234132j:plain

「ばいばい」

【場所】
【サイトとか】

白金青い池 :: 一般社団法人 美瑛町観光協会

【美瑛町 青い池】

f:id:shirokumapanda:20181024232706j:plain

【訪問日:2018.10.14】