ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

美瑛町 青い池(初夏)にイッテミル

f:id:shirokumapanda:20181023222805j:plain

美瑛町の青い池。

f:id:shirokumapanda:20181023222716j:plain

美瑛町のなかでも、観光のお客さんがいっぱい集まる観光名所。

f:id:shirokumapanda:20181023231439j:plain

光の当たり具合によっては、あまり青く見えないこともあるようで。
どちらかというと、太陽の角度が低い朝の早い時間帯がオススメらしく。
がんばって早起きして、美瑛へ。

 思った以上に時間がかかって着いたのはAM9:30ごろ。
とても早朝とはいえないけれど、仕方がない。
すでに駐車場は車を停めるのに一苦労するほどの混み具合。

車を降りて歩くこと5分くらい。
木々のあいだからなにやら池らしきものが見えてきて。

f:id:shirokumapanda:20181023222733j:plain

でんっと広がる青色の池。透明感のある青ではなく、沈む感じの明るい青。

f:id:shirokumapanda:20181023222819j:plain

積丹ブルーのような透明に近い青ではなく、色が折り重なったような青。

f:id:shirokumapanda:20181023222727j:plain

どこまでも青く青く。掬っても掬っても青いような。

池の中にある立ち枯れた木々の連なりもまた、美しさを感じさせて。

f:id:shirokumapanda:20181023223317j:plain

アルミ二ウムを含んだ水なので枯れてしまったのか。それとも別の理由かな。
もしかしたら体に悪いのかも。
風がおさまると、鏡のように周りの木々を映し出して。

f:id:shirokumapanda:20181023223313j:plain

緑に包まれた青い池の中に枯れてしまった白い木々。
そして黄色いタンポポ。

f:id:shirokumapanda:20181023222812j:plain

自然とそこにあったものではなく、堤防にたまってしまった水がおりなす異空間。

f:id:shirokumapanda:20181023222721j:plain

人工的に作られたものでもなく、天然のものでもない、狭間の地。

ちょっと雨降ったけど、きれいだったよ。

f:id:shirokumapanda:20181023231437j:plain

行ってない

じゃあ、いこーか。

f:id:shirokumapanda:20181023231435j:plain

わーい



【場所】
【サイトとか】

白金青い池 :: 一般社団法人 美瑛町観光協会

【美瑛町 青い池】

f:id:shirokumapanda:20181023222710j:plain

【訪問日:2018.6.23】