ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

共和町 神の住まう静寂な神仙沼にイッテミル

f:id:shirokumapanda:20181017015148j:plain


早いもので、季節はもう秋。
あっちこっち回ってみるつもりでいたのに、案外それほどでもないままに終わりそう。

とはいえ、今年見た野生のキツネの数は、生まれてから去年までに見た数を圧倒的に凌駕する。

 いままで引きこもってただけかもしれないけれど、北海道ってこんなに田舎だっけ? 子供のころ、なんで一度も見なかったんだ? という気持ち。

さて紅葉真っ盛りのシーズン。となると、山奥気味のほうがよさげな感じ。

そんなわけで名所のひとつともいわれるニセコ方面の山奥、神仙沼へ。

5月の終わりごろに行ったときは、まだ、こんなのだったけど。

f:id:shirokumapanda:20181017014218j:plain

ゆき…

レストハウスに向かう途中の山並みもかなりの紅葉まっただなか。
この日、寝坊と寝起きのグダグダを続けてしまい、着いたのが16:00ごろ。
もうやばいじゃん。暗くなっちゃうじゃん。こんな時間まで人いないじゃん。
人少なかったら、熊とかもヤバそうじゃん。

キツネ、タヌキ(イタチかも)、ヘビ、シカと遭遇してきたから、そろそろクマじゃん。クマかもしれないじゃん。

急げ急げと寄り道せずに焦りながら着いてみたら、レストハウの駐車場は車でごった返し。
ごめんなさい。名所だってこと、ちょっと忘れてました。

 

車から降りてみたらみたで、寒い。そういえば外気温7度くらいだったような…
ちょい厚着気味で来たけど、それで正解。

f:id:shirokumapanda:20181017014212j:plain

いざ、神仙沼へ!と遊歩道を歩くと、戻ってくる人の列がどんどん続いてくる。
大げさではあるけれど、途絶えたと思ったら次のグループがやってくる。

f:id:shirokumapanda:20181017014206j:plain

遊歩道の木道は狭めでもあり、両脇からは木々の小枝も迫っているので、なかなかすれ違える通り道ではなさそう。
途中からはすれ違う人の数が減ったから、団体のバスのお客さんだったのかも。

空が夕焼け気味に変わりつつある中、10分ほど鬱蒼と繁った木々に挟まれた坂道と階段を下っていくと、広く開けた場所で到着。世界が変わる。

f:id:shirokumapanda:20181017014925j:plain

 

f:id:shirokumapanda:20181017014928j:plain

f:id:shirokumapanda:20181017014327j:plain

f:id:shirokumapanda:20181017014321j:plain

しんせんぬまー

ここかー、ここが神仙沼かー。 

f:id:shirokumapanda:20181017014154j:plain


と思ったらただの前座。正解はもうちょこっと奥へ(3分ぐらい平らな木道を歩く)。
光の加減がもう夕暮れ時の茜色。すでにきれいなんですけど。 

f:id:shirokumapanda:20181017014333j:plain

もうちょっと奥へと進むと

f:id:shirokumapanda:20181017014932j:plain

でんっと。 f:id:shirokumapanda:20181017014922j:plain

ここが正解の神仙沼。
看板もあったから間違いない。

f:id:shirokumapanda:20181017015614j:plain

こっちだった

風もなく水面が静まり返っていたためか、思いのほかきれい。

f:id:shirokumapanda:20181017015154j:plain

f:id:shirokumapanda:20181017015151j:plain

f:id:shirokumapanda:20181017015157j:plain

きんいろー

今年1年生い茂っていた木の葉が枯れ落ち、来年の春を迎えるための冬篭りの前のひと時。
日が沈む直前の夕焼け色。

f:id:shirokumapanda:20181017015200j:plain

ぼーっと見てると、あっという間に太陽が山すそに隠れていまい。

f:id:shirokumapanda:20181017015620j:plain

そろそろ、かえるよ

f:id:shirokumapanda:20181017015608j:plain

そだね

湿原風な黄金色の草草に囲まれた遊歩道を散策しながら、また木々の中へ。

f:id:shirokumapanda:20181017015833j:plain

f:id:shirokumapanda:20181017020208j:plain

f:id:shirokumapanda:20181017020202j:plain

おつきさま

f:id:shirokumapanda:20181017015849j:plain

もう、十分に暗い。
人もたぶん私を含めて7~8人くらい。ちょっと前まではいっぱいいたのに。

f:id:shirokumapanda:20181017015556j:plain

おいてくよー

f:id:shirokumapanda:20181017015602j:plain

レストハウス到着時は、かなり夜の気配。 f:id:shirokumapanda:20181017020159j:plain

レストハウス横、木々の間から岩内方面の夕暮れ空。 

f:id:shirokumapanda:20181017020156j:plain

さあ、帰ろ。

 

 

【場所】

 【サイトとか】

 

【神仙沼】

f:id:shirokumapanda:20181017014919j:plain

【訪問日:2018.10.13】