北海道ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまで、見たい北海道・魅せたい北海道を捜し歩いています。ひっそりとでも続ける旅の備忘録。

観光・お出かけスポット

三笠市 北海道の鉄道の始まりの地、三笠鉄道記念館にて

ダンボーの北海道さまよい歩きの旅。2019年の7月上旬に立ち寄ってみたのは三笠市。二本遺産の「炭鉄港」の一角をなす三笠市の三笠鉄道記念館へと。

札幌市 百合が原公園の広場、ライラックコレクションにて

ダンボーの北海道征服の旅、2020年の6月上旬に立ち寄っていたのは札幌市は北区にある百合が原公園。数多くの花が咲く総合公園はライラックの隠れた名所と小耳に挟んで向ってみた。

札幌市 北区に花咲く百合が原公園の大きな藤棚

ダンボーとさすらい歩く北海道、2020年の6月上旬に立ち寄ってみたのは札幌市の百合が原公園。札幌市の北区にある、数多くの種類のユリが咲くことで知られている百合が原公園。ライラックの隠れ名所とも小耳に挟んだので立ち寄ってみた場所。

札幌市 百合が原公園の小さな藤棚にて

ダンボーの北海道さまよい歩きの旅、2020年の6月上旬に立ち寄ってみたのは札幌市の百合が原公園。咲き広がる百合の花と、お花畑の中を進むリリートレインで有名らしい百合が原公園。だけど、この日は藤の花探しになった日。

伊達市 緑が映える季節の有珠善光寺にて

ダンボーの北海道さまよい歩きの旅、2020年の6月中旬に立ち寄っていたのは伊達市の有珠善光寺。5月上旬は桜の名所、7月中旬には紫陽花の名所、秋には紅葉の名所ともなる花のお寺。この日訪れたのは6月中旬。名所の狭間となる時期の、木々の緑が映えに映える…

滝川市 江部乙地区の菜の花畑にて

ダンボーの北海道制覇の旅。2019年の5月中旬に立ち寄っていたのは滝川市の江部乙地区。例年5月の中旬からいたるところの畑が黄色く染まる江部乙地区。日本最大級の作付面積を誇る菜の花が、あちらこちらで花開く、滝川市の江部乙地区へ。

滝上町 日本最大級の芝ざくら滝上公園にて

ダンボーの北海道さまよい歩きの旅、2019年の5月中旬に立ち寄ってみたのは滝上町。「童話の村」としての街づくりを進めている滝上町。5月の中旬ともなると、山の斜面がピンク色に染まり、それこそメルヘン世界に迷い込んだ気分にもなる、芝ざくら滝上公園へ…

函館市 湯の川プリンスホテル渚亭での朝食バイキング

ダンボーの北海道巡り歩きの旅、2021年の2月下旬に立ち寄っていたのは函館市。湯の川温泉地区にある湯の川プリンスホテルにて。

上士幌町 道の駅かみしほろで食べた、不思議なおやつ

ダンボーの北海道甘いもの探しの旅。2021年の4月中旬に立ち寄ってみたのは上士幌町。オープンして間もない道の駅・かみしほろへお立ち寄り。

湧別町 北海道最高クラスのチューリップ園、かみゆうべつチューリップ公園

ダンボーの北海道さまよい歩きの旅。2019年の5月中旬に立ち寄ってみたのは湧別町は上湧別地区。チューリップの町、湧別町。ここは北海道トップクラスのチューリップ畑が5月の中ごろに満開となる、かみゆうべつチューリップ公園が観光スポットとして輝く街。…

大空町 北海道トップクラスの芝桜スポット、東藻琴芝桜公園

ダンボーの北海道巡り歩きの旅。2019年の5月下旬に訪問したのは大空町は東藻琴地区。一面ピンクの絨毯が広がる、オホーツク地方の三大芝桜とも呼ばれる芝桜の名所のひとつ、東藻琴芝桜公園へと。

滝川市 黄色い絨毯が広がる菜の花まつりの会場にて

ダンボーの北海道さすらいの旅。2019年の5月中旬に立ち寄っていたのは滝川市は道の駅付近の江部乙地区。そこは5月中旬には菜の花が黄色い絨毯となってあちらこちらに咲き乱れる地域。そんな滝川市で5月中旬に開催される菜の花まつりのお花畑会場へと。

新ひだか町 日本最大級の桜並木、静内二十間道路の桜並木

ダンボーの北海道さまよい歩きの旅。2019年の5月上旬に立ち寄っていたのは新ひだか町は静内。日高地方最大の桜の名所にして、日本最大の桜並木と称されることもある静内二十間道路の桜並木へと。

滝川市 丸加高原伝習館のお祭り用の菜の花畑

ダンボーとさまよい歩く北海道。2019年の5月の中旬に向かってみたのは滝川市。5月の中旬から下旬、菜の花がきれいに咲く頃に開かれている菜の花まつりのイベント会場ともなる丸加高原伝習館付近の広場へと。

松前町 長い期間にわたって桜を楽しめる松前公園

ダンボーの北海道巡り歩きの旅、2019年の4月下旬に立ち寄っていたのは松前町。桜の名所松前町の中心的存在の松前公園。松前城を中心に広がる広場は、約250種の桜が咲き広がるという桜と歴史の公園。

松前城 桜の季節の松前城天守閣

ダンボーの北海道巡り旅、2019年の4月下旬に立ち寄っていたのは道南の松前町。桜前線が北海道に上陸を始める松前町。そのなかでも桜の名所として名高い松前公園のシンボル的な松前城へと。 桜の一大名所、松前公園。ここは早咲きの桜から遅咲きの桜まで、比…

松前町 松前の桜の名木、光善寺の血脈桜

ダンボーの北海道さくら巡りの旅。2019年の4月下旬に立ち寄ってみたのは、北海道の桜前線上陸の地、松前町。道南地方の桜の名所、松前町にある松前公園。そこに隣接するように建つ光善寺の桜の名木、血脈桜に会いに。

森町 オニウシ公園を見下ろす「YOU・遊・もり」の展望台

ダンボーの北海道征服の旅、2019年の5月上旬に立ち寄っていたのは森町。森町の道の駅「YOU・遊・もり」の屋上部分は、桜の名所でもあるオニウシ公園を見下ろせる展望台。そこから見下ろす景色もきれいな世界。

森町 桜の名所のオニウシ公園にて

ダンボーの北海道巡り歩きの旅。2019年の5月上旬に立ち寄ってみたのは森町。「もりちょう」ではなく「もりまち」、北海道の自治体の中では唯一「ちょう」ではなく「まち」と呼ぶ珍しい町。そこに広がる桜の名所のひとつ、オニウシ公園へと。

函館市 道南地方の桜の一大名所、五稜郭

ダンボーの北海道さまよい歩きの旅。2019年の5月上旬に立ち寄っていたのは桜咲く函館市は五稜郭。ここは函館の、いや道南地方最大の桜の名所ともされる場所。

北斗市 戸切地陣屋跡につづく桜並木のライトアップ

ダンボーの北海道さまよい歩きの旅、2019年の4月下旬に立ち寄ったのは道南地方の北斗市。ちょうど北斗桜回廊が始まった頃、まだ満開には遠かったけれど暗闇に浮かび上がっていた戸切地陣屋跡の桜並木のライトアップへと。

登別市 雨の中の登別桜並木にて

ダンボーの北海道巡り歩きの旅、2020年の5月上旬に立ち寄ってみたのは登別市の桜並木。登別駅前から登別温泉街へと向う途中に、通る人々を出迎えるように咲く、桜の並木路。

北斗市 北斗市の桜名所の戸切地陣屋跡

ダンボーの北海道さまよい歩きの旅。2019年の5月上旬に立ち寄ってみたのは北斗市。北斗桜回廊の時期に立ち寄ってみた戸切地陣屋跡の桜のトンネルを眺めに。

新冠町 新冠イルミネーションフェスタの一角にて

ダンボーの北海道さまよい歩きの旅。2020年の12月上旬に立ち寄ってみたのは新冠町。レコード館そして道の駅が並ぶ駐車場の一角に、冬の夜に浮かび上がる小さな光のトンネルに会いに。

函館市 赤い靴の少女像「きみちゃんの像」にて

ダンボーの北海道さまよい歩きの旅。2021年の3月上旬に立ち寄っていたのは函館市。埠頭の近くの小さな広場の一角に佇む、小さな女の子。赤い靴を履いた女の子に会いに。って書くと何かを疑われそうだけど、健全ですよ。

登別市 冬の間の登別駅前イルミ

ダンボーの北海道さまよい歩きの旅、2021年の1月下旬に立ち寄ってみたのは登別市の登別駅。冬の間、登別駅の目の前で灯っていた、ミニミニサイズのイルミネーション。

新冠町 一度みたら忘れない、サラブレッド大壁画

ダンボーの北海道巡り歩きの旅。2020年の12月上旬に立ち寄ってみたのはサラブレッドの産地としても有名な新冠町。市街地の玄関口ともなるあたりで、行き交う車を見送り見守るサラブレッド大壁画へと。

室蘭市 観光道路から眺め下ろした銀屏風

ダンボーの北海道歩き周りの旅。2020年の5月上旬に立ち寄ってみたのは室蘭市の銀屏風。室蘭八景にも数え上げられている断崖絶壁ではあるのだけれど。

旭川市 ひっそり輝いていた駅前イルミネーション

ダンボーの北海道さすらいの旅。2021年の2月下旬に立ち寄ってみたのは旭川市。旭川まち灯りイルミネーションとは別なのか、旭川駅前の広場で灯っていた駅前イルミネーションへと。

比布町 役目を終える北比布駅と南比布駅へと

ダンボーとさまよい歩く北海道の旅。2021年の2月下旬に訪れていたのは比布町。2021年3月12日にその役目を終えることになった北比布駅と南比布駅を、現役のうちに一目見ておこうかと思い向ってみたんです。