ミテミル イッテミル (北海道観光スポット巡り旅)

ダンボーを相棒に北海道のあちらこちらを巡る訪問記。観光スポットからB級スポットまでいろいろと。思い出したように書くため季節感がズレますが、ひっそりと続ける旅の備忘録。

【胆振地方】

白老町 白老町は、でっかい熊に逢える町

白老町の山奥は滝の宝庫という話もあるけれど、熊の宝庫とも言われている場所。そんな町の海沿い道路の観光客向けの食堂にひっそりと住む黒い熊。

洞爺湖町 やさしい味わいのレークヒルファームのジェラート

洞爺湖町のレークヒルファーム。洞爺湖に面したところの、小高い丘の上にある自然に囲まれたジェラート屋さん。

洞爺湖町 山の中の通り道で見かけた夕日

洞爺湖町の山の中。洞爺湖町というと、水辺の町という名前の印象が強いけれど、洞爺湖町にも山の中のところはあって。そんな樹木に囲まれた山道にて車を走らせていたひととき。

室蘭市 輪西町の「こがね」に昔風のカツ丼を食べにイッテミル

室蘭市にある、昔からのお蕎麦屋さん「小がね」。どことなく昭和の香りを残し続ける味わいのお店。室蘭市内数店舗あるけれど、今回は室蘭市輪西町の「小がね」へ。

登別市 温泉街の泉源公園間欠泉にイッテミル

登別温泉は鬼の街。そこにある泉源公園の中でもくもくと白い蒸気をはきだす間欠泉。

苫小牧市 「麺や 鶏恵」のとろ塩ラーメンにイッテミル

普通のラーメン屋さんと思いながら、入ってみた「麺や 鶏恵」。気軽にラーメンでもと、入ってみたお店。出てきた白湯系のラーメンが意外とおいしくて。

白老町 気軽に見れる「白滝」にイッテミル

白老町は数多くの滝が眠る場所。迫力のある滝も数多いけれど、そのほとんどは見学に行くのが困難な場所で、徒歩というよりは山登りと冒険をしなければならなかったり。そのなかで簡単に眺められるのが、道路沿いに流れる「清流の滝」と「白滝」。

苫小牧市 初めて始まった「とまイルドーム」にイッテミル

苫小牧駅の南口(海側方面の出口)、駅前に今期の冬から登場したイルミネーションドーム。2月14日には終わってしまうけれど、苫小牧駅の南口で23:00までと夜遅くまで輝いている。

洞爺湖町 白雪つもるイルミネーショントンネルにイッテミル

やっぱり冬の冬の洞爺はイルミネーショントンネルだね。雪が降る前にも来てみたけど、白い雪に囲まれたイルミネーションももいいんじゃないかと。

洞爺湖町 名前はすごそうな「イルミネーションストリート」にイッテミル

冬の洞爺湖畔を彩るのはイルミネーショントンネル。でも洞爺湖畔にはもう1つのイルミネーションがあって。イルミネーションストリート呼ばれるそこは、名前を聞くとすごそうで。

室蘭市 祝津公園展望台から夜景を見にイッテミル

室蘭港をまたいで渡る白鳥大橋。室蘭市にはいくつかのビューポイントがあるけれど、祝津公園展望台も、その中の有数な場所のひとつ。

室蘭市 冬に灯る輪西7条グリーンモールのミニミニイルミにイッテミル

室蘭市輪西町。昔の賑やかな商店街の中央の、いまはさみしい7条グリーンモール。200メートルばかりの長さの、小さな小さな緑の歩道。冬が近くなると、ほんのちょっとだけれども、青と白との光が輝く。

登別市 登別地獄谷、夜の鬼灯の道

登別の地獄谷。そこは夜に訪れると昼間とは違う様相が浮かんでくる。明るいときに見えた岩肌は夜の闇の中におぼろげとなりながらも、うっすらとした光越しに、谷から吹き上がる白煙がはっきりと目に見えて。

洞爺湖町 サイロ展望台から見た夕日

洞爺湖のサイロ展望台。そこは目前に広がる洞爺湖を眼下に一望できる場所。売店の閉まった夕方ともなると、昼間大勢いたお客さんの姿もいなくなり、静かなひと時が流れていく。

室蘭市 白鳥大橋展望台からの夜風景

室蘭市の白鳥大橋は、室蘭八景のひとつとなる夜景の室蘭港をまたぐ白い大橋。白鳥大橋展望台は白鳥大橋の祝津側の根元に位置する展望所。

登別市 太古から続く登別地獄谷

10月後半に行ってみた登別は地獄谷、そこは紅葉真っ盛り。ちょうど見ごろの時期のためかテレビの取材班らしいクルーの姿も見える中、観光客でごった返す登別地獄谷。

室蘭市 大晦日のえとも岬展望台から

今日は一つの締めくくりの日。夕日が見えるかなーと思いながら、室蘭のえとも岬展望台へと。でもあつーいあついーい雲に覆われていて、夕日どころか夕焼けすらも見れそうになく。

室蘭市 みたら室蘭から見る大黒島夕景

室蘭の道の駅「みたら室蘭」の裏から見る海景色。そこは祝津臨海公園ともなっていて、室蘭港に浮かぶ大黒島の姿が、近くで見れる場所。この場所、30年ほど前はまだ海の中だったはず。白鳥大橋建設の関係で埋め立てられた場所のはず。

洞爺湖町 サイロ展望台でみる洞爺湖

洞爺湖畔の高台に建つサイロ展望台。そこは洞爺湖の大きさを迫力をもって見下ろせる場所。ショップ営業中の時間帯は、観光のお客さんもそこそこいっぱいで、混雑気味。

室蘭市 ささやかだけど光り輝くらんらん橋

北海道の室蘭市は工場あふれる鉄の街。その小さな街の、小さな川の、小さな橋の上に光るささやかなイルミネーション。白い雪の中に光る、ささやかなイルミネーション。

壮瞥町 道沿いに広がるひまわり畑の黄色毯

8月によってみた壮瞥町のひまわり畑。レストハウス梓の隣はもう終わってしまっていたけれど、壮瞥で名だたるひまわり畑は全部で3箇所。もう1つに期待をかけて向かってみると、ものの見事に。ここは、昭和新山から洞爺湖畔に向かう道の途中、レストランバ…

壮瞥町 レストハウス梓のおいしいごはん

2017年7月の下旬ごろ。壮瞥町のとある場所でみたひまわり畑の思い出。そこは昭和新山のふもとにある、レストハウス梓の隣のひまわり畑。昭和新山の勇姿をバックに、ひまわりが立ち並ぶ。すっかり夕陽が沈んだ後だったけれど、ひまわりの黄色い姿が美しく。

壮瞥町 道の駅にて秋の落ち葉拾い

ビニールハウスや、田畑に囲まれた一角にたたずむ、壮瞥町の道の駅情報館i(アイ)。ちょっとした情報センターがあったり、正面にはご飯屋さんがあったり。産地直売店のサムズが併設されていたりと、全体としてはそこそこ規模の大きい道の駅。どちらかとい…

苫小牧市 ウトナイ湖は渡り鳥の休憩所

北海道の工業都市といえば重工業の室蘭のイメージだけど、苫小牧も負けずに工業都市。それでいて室蘭よりも都会感あふれる工業都市。そんな工業都市の街外れに堂々と佇むウトナイ湖。

洞爺湖町 道の駅とうや湖展望台から

10月の某日洞爺湖方面にて。洞爺湖を高いところから一望する場所というとサイロ展望台を使うとか、有珠山に上っちゃうとかあるけれど。この日は、道の駅とうや湖の裏手のほうにある展望台から眺めてみると。サイロ展望台は何回か見てるので、見たことがない…

むかわ町 シシャモのおいしさを味わいにイッテミル

10~11月はむかわ町がシシャモで元気になる季節。シシャモは日本では北海道の太平洋岸(むかわ~釧路)でしか獲れない魚。なぜかその辺にしか住んでいない。

伊達市 三階滝の秋景色

伊達は大滝。山奥にひっそりと広がる三階滝公園。訪れる人も少なくなったのか、春頃は営業していたレストハウスもいまは空家。寂しさを感じるところではあるけれど、公園の向かい側にはカフェが営業中との話(行ってみたわけではないですが)。旧レストハウ…

洞爺湖町 まばゆい輝きのイルミネーショントンネル

例年11月になると洞爺湖温泉街に現われる光り輝く空間。イルミネーショントンネル。40万個の電球が黒い夜に明るく光る、70mのトンネル。 冬の夜が始まる18:00ごろから22:00までの時間に現われる、光のカーテンに包まれた輝くトンネル。

洞爺湖町 落ち葉の重なる洞爺湖湖畔にイッテミル

夕暮れ時が過ぎてしまって、暗くなり始めた洞爺湖湖畔。去年見た夕焼けがもう一度見れるかなあと期待して、日の入り時間を目指して行ってみたけれど、山際の稜線越しにうっすらと夕焼け色が見えるだけ。

登別市 大湯沼下流の天然足湯にイッテミル

登別は大湯沼から徒歩10分。向かう先は天然足湯。 大湯沼に沿った舗装道を上り、途中で自然あふれる散策路に向かう階段を降りていく。 あしもと きをつけて 散策路そのものは、木道が整えられているところもあり、そこそこ歩きやすい。 うまりそう おちそ…